溜まっている読書メモ

忘備録:編み物が登場しなかった本その2
その1を書いてぼやっとしている場合じゃない!続きです。

よく「怪奇」「幻想」と言いますが、これまで「幻想」に関してはどうも引き気味でした。「怪奇」は好きなくせに食わず嫌いは良くないってことで平井呈一の訳つながりで読むうち「幻想」にもすっかりはまっています。

  • 『吸血鬼カーミラ』レ・ファニュ
  • 『吸血鬼ドラキュラ』ブラム・ストーカー

  • 『真夜中の檻』平井呈一
  • 『人間和声』『秘書綺譚』『死を告げる白馬』『妖怪博士ジョン・サイレンス』『ウェンディゴ』アルジャーノン・ブラックウッド

    「秘書綺譚」を秘密の書物をめぐる話という予断を持って読んだら、普通に秘書のことだったという・・・

  • 『夢の丘』『白魔―アーサー・マッケン作品集成1』アーサー・マッケン
  • 『嘲笑う男 (異色作家短篇集)』レイ・ラッセル
  • 『<グレン・キャリグ号>のボート』『幽霊海賊』『ナイトランド』『幽霊狩人カーナッキの事件簿』『海ふかく』ウィリアム・ホープ・ホジスン

    「ナイトランド」はすごい世界!太陽の光が失われ冷えた未来の地球・・・こんな物語初めて。SFと言ってもいいけれど「幻想」を敬遠していては読めなかった。「海ふかく」にはマタンゴ(夜の声)より怖い話が続々。

  • 『ラヴクラフト全集』

    全部読むしかない!

  • 『ラヴクラフト 恐怖の宇宙史』荒俣宏訳

    訳を読み比べ。

■アンソロジー

  • 『怪奇文学大山脈 1~3』荒俣宏

    編み物が出てくる作品は別途紹介。

  • 『ドラキュラ ドラキュラ 吸血鬼小説集』ポリドリほか
  • 『恐怖の愉しみ』レ・ファニュ、デ・ラ・メア…
  • 『幻想と怪奇1 英米怪談集』レ・ファニュ、マリオン・クローフォード…
  • 『夜光死体―イギリス怪奇小説集』レ・ファニュ、キプリング…
  • 『怪奇幻想の文学3 戦慄の創造』ホーレス・ウォルポール、ブラム・ストーカー…
  • 『オトラント城/崇高と美の起源 英国十八世紀文学叢書』ウォルポール、エドマンド・バーク

    「オトラント城」だけ千葉康樹訳を平井呈一訳と読み比べ。

  • 『世界怪奇実話集 屍衣の花嫁』
  • 『吸血鬼ラスヴァン 英米古典吸血鬼小説傑作集』バイロン、ポリドリ…

山のお地蔵さん(埼玉県飯能市)

飯能駅から天覧山を経由して多峯主山(とうのすやま・271m)へ。
能仁寺の裏に天覧山に登る道があります。以前は愛宕山と呼ばれていたものが十六羅漢が造立されて羅漢山となり、明治天皇がここから演習を統監したので天覧山となったそうです。

頂上の手前の十六羅漢 赤いものは・・・帽子でした! 修復跡が 崖の中腹は交換が難しそうだけど うーん・・・

道のお地蔵さん(埼玉県飯能市)

東吾野駅からユガテを経由して越上山(566m)に登るハイキングコースで、以前来たことのある福徳寺の裏が入口になっています。

もちろんお地蔵さんに挨拶を・・・ 前回(2年前)と変わっていないかも。 帰り道、顔振峠から摩利支天尊をすぎて吾野駅方面に向かうところで県道を横切るのですが、その手前、後ろなので危うく見過ごすところでした。 大収穫!

道のお地蔵さん(八王子市)

更新しそびれていた地蔵ニットを全部出したので、今年はもう終わりだと思っていたら・・・なんと昨日行ったハイキングで発見!

大人気の高尾山ではなく高尾山口駅から南へ城山湖方面に向かうコースの帰り道、日本料理屋さんの近くを通りかかるとありました。

さて、本当に今年最後です。
来年はもう少しまめに更新したいと思います。

興徳寺(大阪市)

前回と同じ大阪旅行で。

大きな准提観音があるお寺です。 融通地蔵尊 帽子です♪ その周りのお地蔵さんたちも! こんなところにも・・・ 興徳寺のページの「興徳寺を覗いてみよう」でお地蔵さんの様子も見ることができます!
こちらでは期間限定の手描き+可愛いスタンプ多数の素敵な御朱印をいただきました。そのあとにお地蔵さんを見つけたりするので、いつも誰が帽子を編んでいるのか聞きそびれてしまいます・・・。

溜まった読書メモ

忘備録:編み物が登場しなかった本その1

  • 『獄医立花登手控え』『海鳴り』『又蔵の火』『天保悪党伝』『暗殺の年輪』『義民が駆ける』『風の果て』藤沢周平
  • 『正雪記』『樅ノ木は残った』『栄花物語』山本周五郎
  • 『親鸞』五木寛之
  • 『戦艦武蔵』『高熱隧道』『漂流』『闇を裂く道』『三陸海岸大津波』『彰義隊』『間宮林蔵』『破獄』『吉村昭の平家物語』吉村昭

    どれも良かった。

  • 『妖怪』司馬遼太郎

    司馬遼太郎はあまり読んでいないけど、こういうファンタジーっぽいものもあるのを知って意外だった。他にもあるのかな?

  • 『早雲立志伝』海道龍一朗
  • 『北条早雲』富樫倫太郎
  • 『スタープレックス』ロバート・J. ソウヤー

    「地球人とイルカ、六本足のウォルダフード族と統合生命体のイブ族という異星人」が妙な形の宇宙船に乗り込んでる話と聞いて恐れをなし、長年棚上げにしてあったのをやっと読んだ。面白かったけど楽観的すぎ?明るい娯楽作。

  • 『チェーンレター』折原一

    ホラー要素無い方がよかった。

  • 『細雪』谷崎潤一郎
  • 『激突!』リチャード・マシスン
  • 『毒入りチョコレート事件』アントニイ・バークリー

    内容をすっかり忘れていたので再読したけどまた忘れそう。もう読まなくていい!

  • 『西海道談綺』松本清張

    すごく面白くなりそうだと思ったら予想と違う方向へ・・・。

  • 『二の悲劇』法月綸太郎
  • 『殺意は砂糖の右側に』『密室キングダム』柄刀一

    密室~は京極夏彦ばりに厚い(1240p)ので持ち歩き出来ず時間がかかった。

  • 『真夜中に捨てられる靴』デイヴィッド・マレル

    いろいろなタイプの話で楽しかったけど、最後の表題作が 『999 聖金曜日』に「リオ・グランデ・ゴシック」のタイトルで収録されていて既読だったという痛恨の・・・ちょっと損した気分。

  • 『迷宮課事件簿1』『老女の深情け(迷宮課事件簿III)』ロイ・ヴィカーズ

    2は編み物が出てきたので別途紹介。回を追うごとにマンネリ化はあるとしても、最後のオチありきの持って行き方が気になる作品も。

  • 『去りにし日々、今ひとたびの幻』ボブ・ショウ

    スローガラスの話がもっと読みたい。

新多摩変電所(八王子市)近く

今熊山(505.7m)に行った時のことです。

帰り道、「まむし注意」の看板のところを下ると急に人里に出ました。お宅の脇なのであまりじっくり撮れなかったのですが、あとで見たら「観世音」の文字が。お地蔵さんではないのかもしれません。 帽子は違うな~と行きかけたけど巻き物が! 近くの変電所から、かなり大きめの放電音?がします。特撮怪獣が現れそう・・・。

魔王様とNHKテキスト

魔王様とNHKテキスト by 田中光|第8話:すてきにハンドメイド

ウカツにもK隊員から報告があるまで知りませんでした。魔王様と子分たちが楽しいのでぜひ見てみてください。

他の話も面白いです。

よーし!!
モーミが終わったらおぺぴ料理の仕込みだ!!
\\ ギャー //


・・・実は田作りと紅白なますだけです。

安倍文殊院(奈良県桜井市)

GW後半の奈良旅行で。

弘法大師像があり、背後に石仏群があります。 その間にお地蔵さんが! 「でっかいズラー」の口の中に善財童子が見えています。東京国立博物館に来た時に出会って以来、ぜひ本来の場所で見たいと思っていました。獅子の目線も絶妙なんですよね~。

安倍文殊院の本堂

・・・ところで、奈良で「ズラ」って言います?なぜにズラ?あなた殿馬? と謎だったのですが、JR東海の「ずらし旅」っていうキャンペーンでした。ってことは静岡系のズラですかね。