ババア・イン・ザ・魔法少女【発見】

キドジロウさんの7ページ漫画「ババア・イン・ザ・魔法少女

魔法少女になるおばあさんが編み物していました!
最初だけかな?もう編み物には戻れない・・・て感じ。

ねとらぼの記事
ババアの人生が再び輝き出す! 婆さんがヤケクソになったQB的なのと魔法少女契約してしまう漫画が謎の熱さ

仮面ライダー再び

2016年12月、K隊員に「ねとらぼ」の記事を教えてもらいました。
このたび現地を見てきたとの報告があったのでご紹介します。

愛媛県今治市にある まんが喫茶「ピアノの森」

まずは健在なようで一安心・・・でもなんだかお疲れの様子。横断幕?も傷んでいます。以前は気がつかなかったけど、けっこう長いマフラーです。

2016年の写真とは色が違いすぎ!紫外線にさらされ続けてこうなってしまったのでしょうね。もはや編み物と糸が繋がってもいない・・・。

時の流れは感じましたが編み物はなんとか保たれています。今後が気がかりであります。

手のひらに麗子さん

麗子さんとの初対面からしばし。
東京国立博物館のミュージアムショップに『麗子微笑』のメモがありました!

一見額縁のようなデザインの紙ケース 出してみる

たくさん買って埋もれてみたいような、みたくないような。
裏は白くて確かにメモとしては使えますが、ちょっと使いづらいというか使うのがはばかられるような感じです。しおりにしてみてもいいかも・・・いつも麗子さんと一緒♪ なんだか見ていると、どんどん好きになっていくような魔力があります。ひえ~!

麗子さん

東京国立博物館でタイの仏像を見てきました。
こんなに人の少ない特別展は初めてです。外はめちゃめちゃ暑く、本館は夏休みに入った子供たちや外国人観光客で賑わっていましたが、特別展が開催されている平成館はひっそりとして冷房が効きすぎて寒いくらい。いつもお昼時には空席を探すのが難しいラウンジがガラガラで、温かいものが飲みたくなったほどです。

そんなことはさて置き、本館に麗子さんがいました。いらっしゃるとは存じておりましたが、なかなかお姿を見せてもらえず・・・思いがけなく出会えて嬉しかったです。

『麗子微笑』岸田劉生筆

毛糸の肩掛けをしている麗子像はいくつかあるのですが、これは特に右側のほころびが目立ちますね。

展示情報はこちらでチェック!
大きな画像も見られます。

ペンギンが行方不明! 【発見】

えっ、どこのペンギン?
それは・・・

・・・

この連絡をもらってから思い出し笑いが止まりません(ごめん)。

Suicaのペンギン フェザールーをダウンを洗う要領でそぉ~っと洗ったんですって。そしたらペンギンが消えたと(もう書きながらもこみ上げてきて・・・くっ、苦しい、ごめん)。

きっと水を浴びて大海原が恋しくなって泳いでったのでは。
しかし見事にペンギンだけが消えてるって何故?JR東の陰謀かしら。
ちょっと脆すぎますよね・・・製造元にワッペンだけ転がってないかな?

ペンギンが消えて落ち込んでる持ち主には気の毒だけど、このニュースでしばらく乗り切れそうです(ごめん)。

不謹慎なのでタイトルで連想した映画『猫が行方不明』のエンディング曲でクールダウン。

Portishead – Glory Box

Suicaのペンギン ブランケット 【発見】

編み物するペンギンのひざ掛けが発売されてました。
Suicaのペンギン フェザールー と同じ絵柄です。
(↑このバッグ、当時は販売終了してましたが現時点で普通に売ってます)

ペンギンの絵が大きくて編み物が強調されてるのがいいですね。

ちょっと色がアレで保留してましたが・・・
またSuicaのペンギン好きにプレゼントすることにして購入。

結構ポリ感がすさまじいです。
まあ何にせよ、編み物の商品を開発してくれたのは嬉しい。

前回は気にしなかったけど、これって糸を切ってますね。
このくらい段数があるとやっぱ切りますかね?3色だし。
ペンギンが糸始末してるとこ見てみたいです。
白い毛糸玉が一番大きいというのも、使う分量によって描き分けてたのでしょうか?

えきねっとPlaza2>Suicaのペンギン ブランケット(チェック)

江ノ電スズメ(2) 【発見】

土曜日に江の島へ行ったので、せっかくだからと江ノ電へ。

話題になってるだけあって、スズメのまわりには人だかりができています。
その隙間からちょこっとクリスマス仕様を撮ってきました。

帽子のベルがなんとも・・・

さて、サンタスズメを見るだけなら電車に乗らなくてもいいのですが、待合室の件があったので改札を入りました。ところが飾られていると思った衣装が見当たりません。
駅員さんに聞くと「スズメの衣装ですか・・・あ、駅の外に・・・え?待合室?」と御存じない様子(!)他の駅員さんと何やら会話して「今はないようですね」と・・・がっくし!!

展示がなかったことよりこの反応にショックを受けました。
こんな重要なことは知っておいてくださいね。
若い駅員さんでもなかったけど江ノ島駅は日が浅いのかも。
スペースはあるのにどうしてやめちゃったのかなー。残念!

ここはどこ?

古い編み物本の裏表紙の広告です。
石像をお地蔵さんに見立てて帽子などを着せかけています。
どうも日本の風景のような感じはしません。
いったいどこなのでしょう? 雰囲気は南米っぽいけど・・・

編み物本なので別に「編み物発見!」ではないけど「お地蔵さんもどき発見」?

昔の男子ニット本にありがちなタバコを手にしたポーズが多めです。表紙からしてオジサマがパイプを持っていますし、前半部分の4割くらいはタバコかパイプを手にしています(後半はスポーティなテーマなのでラグビーボールなど持ってます)。
今となってはかなり不自然に見えますが、それが時代を感じるってやつですかね・・・。