旭地蔵尊(福岡市・崇福寺)

例年と違い、今年の連休は旅行に行きました。
・・・ってもう一ヵ月経ってしまったではないですか!
更新が遅すぎてガックリ来てますが、地蔵ニットは大収穫だったのです。

お参りをして境内を見渡すと 壁に沿って長~~く、こんな状態で(約60m) 大小のお地蔵さんや仏様が所狭しと並んでおり 帽子着用率も高い! とにかくすごい数 帽子以外もたまに 多すぎて全部は収めきれません。 また機会があったら数を数えてきます!

柳沢寺(群馬県榛東村)

群馬のお寺もうひとつ。
桜が満開で地蔵ニットが映えていました!

4/9撮影

誰が編んでいるの?と気になりますが、高いところはちょっと被せにくいようにも思うので、どなたか編んでお寺の方に渡しているのか、はたまたご住職の奥様が? ご挨拶を済ませてから発見したので聞きそびれました・・・。

長厳寺(群馬県甘楽町)

宝積寺からの帰りは駅まで歩きでした。
結構な距離がありましたが、おかげで発見も!

ここからまだ1時間あります。
こんにゃくパークに行きたかったけど雄川堰の桜を見ながら神社に寄ったりしているうち時間が無くなり、ひたすら駅を目指して歩いていると、普通に車が行き交う県道の脇に何かの気配が・・・

まさかのヒツジ! 毛の刈り頃?

東大寺(奈良市)

奈良でもう一か所お地蔵さんがありました。
大仏と二月堂のお水取り、正倉院で有名な東大寺です。行ってみるまではこれらが結びついていませんでしたが、同じお寺の中にあるんですね。

お地蔵さんは二月堂から少し階段を上ったところの静かな不動堂に。 奈良公園と春日大社も近くにあり、鹿は広大なこの辺り一帯を自由に闊歩しています。 春日大社の参道沿いには、若そうな鹿がヒッチハイクの人みたいにずらっと並んでいて可笑しかった。

法起院(奈良県桜井市)

新年最初が去年の話題で恐縮です。
正月休みが短いので年末に思い立って奈良に行ってきました。西の方だから暖かいだろうなんて甘い考えはなかったけど、やっぱり寒かったです。

時間配分を間違え・・・というより欲を出してあちこち巡って遅くなってしまい、総本山の長谷寺に着く頃には暗くなって長い階段にへとへとでしたが、鎌倉の長谷寺の観音様の本家(?)の観音様を間近で拝めました(鎌倉は下から見上げるのに対してこちらは舞台の上からも見られるので顔が近い)。
法起院はその長谷寺の塔頭で、徳道上人が本尊というお寺です。

誰かモデルがいそうです。 小さな帽子とマフラーも編み物でした!

お寺のページの写真ではお地蔵さんにニットがありません。季節限定?

奥多摩むかし道

前回に続き奥多摩です。
今回は初心者レベルでもない入門者となっていたので楽々の予定です。川沿いの整備された歩道とあり、たしかに大部分はそうでしたが・・・。

むかしみち(旧青梅街道)に入る前に近くのお地蔵さんに寄って行こうと遠回りをしたら、これが意外と急な登り坂、おまけに道路が凍ってて滑る! でも収穫ありました。 むかしみちに入ると、小河内ダム建設の際に当時の水道局が整備した工事資材運搬用鉄道の跡があります。現在も廃線ではないようですが、このまま放置していたらもう利用はできなくなりそうです。 線路を伝って歩いてみたい。 途中、お地蔵さんもかなりあるけれどニットは無しです。
終盤になると急坂があり、楽々ではないぞと進みつつ、ふと下を見ると顔のようなものが見えた気が!? ニホンカモシカが休んでいました! 安全なのがわかっているのか、こちらを気にする素振りもなし。

10km以上歩いてダムに到着、奥多摩湖(小河内ダム)からバスで戻ります。最初に行ったお地蔵さんに帰りに寄ることも考えていたのですが、先に行っておいて正解でした。帰りにしていたらバスを途中で降りて・・・なんて面倒でやめちゃったかも。
もう寒くなってきたので春まで山はお休みかな~。

高水山常福院(青梅市)

いくつか訪れた○○富士もネタ切れになりました。
前回行った茨城の赤沢富士は低山なのに道なき道の急斜面があったりで全然楽ではなく、だんだん近場に無くなってきたので現地に行くのに時間がかかり過ぎ、この寒い中、暗いうちから出発するのにも疑問が・・・ということで近郊に出掛けることにしました。

高水三山と呼ばれる700m台の三つの山が連なるコースで初心者にも人気とあります。しかし!この初心者というのは登山の初心者であって、自分のようなヨレヨレの足腰の初心者とは違うんです。何度も思い知らされているはずですが今回もきつかったです・・・。

最初の高水山の頂上近くにお寺があります。階段下には金属製の日の丸が!
行ったのは11月末で、まだ紅葉がありました。 本堂の裏手、山頂に向かうところにあるお堂に見えるお地蔵さん。 ちゃんちゃんこ♪

このあたりまでは余裕でした。最後の山の登りが険しいことなど知る由もなく(いや、下りもきついんですが)なぜかだんだん楽になるはずと決め込んでいた自分を叱りたい・・・普段いかに運動していないかってことですね。
このお寺のトイレは水が流れるのではなく泡が出てくるもので、初めて見ました。

三浦富士(横須賀市)

今年になって、秩父の弟富士(386m)、栃木の芳賀富士(272m)など ○○富士という名前の低山に登っています。三浦富士は緊急事態宣言の隙間の3月下旬に行って地蔵ニットを発見していたのに更新をサボりすぎました。

南の津久井浜駅から歩いてゆく途中の圓乘院 4年前に行った武山不動院のお地蔵さん 前回気がつかなかった展望台があり、猫が休憩中 三浦富士頂上 これは・・・ 頂上でやれやれと一息つく間もなく駆け寄りました! 長沢駅方面に下りる途中にも お寺のお地蔵さんだけでなく、山にもあって大収穫なのでした。
この調子で・・・と思いましたが今のところ他の○○富士では見つけていません。