泰寧寺(群馬県みなかみ町)

たくみの里」という道の駅やいろんな手作り体験ができる施設があるところを歩きました。途中、わらアートにびっくり~。仏三体は、釈迦如来像の向かって左に象に乗った勢至菩薩、右に獅子に乗った文殊菩薩、とのことですが、乗っている菩薩が左右入れ替わっているようです(別の場所へ出張展示があったので組み立てる際に違ったのかも)。また、象に乗るのは普賢菩薩ではないかと思います。
これは去年作られたもので少々変色しているけど長持ちするのですね。

泰寧寺はあじさいの名所です。

奪衣婆のマフラー姿は珍しいかも。

徳正寺(栃木県足利市)

お地蔵さんに見守られている感じのお寺でした。

ちょっと癖があるというか・・・特徴的。 半跏像というと、弥勒菩薩は足をもう片方の腿の上に置いていることが多いと思いますが、地蔵菩薩の場合は腿の上には置かずに横にぴたっとつけたり足の裏を上に向けてたりしていることが多いです。これは半跏とは呼ばないのでしょうか?何か名前があってもいいと思うんですけど・・・。

徳蔵寺(栃木県足利市)

前掛けがひざ掛けのようになっている像を深く考えずに写真に収めてきましたが、帰ってからネットでお寺のことを調べていると「体育座りのお地蔵さん」と書いている人がいました。たしかにその方の撮った写真ではしゃがんでいる脚が見えます。ということは、これって庚申塔の猿のポーズでは?(欠けていて見づらいけど右端にもあります。これは聞かざるか)おそらく頭部が破損した猿の像があって、修復する際にお地蔵さんのような頭になったのかなぁと想像します。ニット的にはどちらでも構わないんですけどね。

六地蔵などもあって大収穫なのでした。