メンズセーター終了

完成しましたが、例によって「着るとなんか変」。
全体として大きいわけじゃないのに脇に編地が余っています(脇の下じゃなく脇の上あたり)。終盤、手が緩くなったのかなー?やっぱりラグラン袖を編みたいという心の声に従うべきだったか・・・というのは問題のすり替えですね。

『男のセータークラブ ベストセレクトセーター』日本ヴォーグ社 (2002) より
糸:パピー ブリティッシュエロイカ (50g/83m)19玉くらい、色(134)

以前ブリティッシュエロイカを使ったときは、くさいとか伸びるとか文句ばかり言っていましたが、いざこういうセーターを編もうと思うとなかなか選択肢がなくてまた使いました。今回は臭いは平気でしたが、洗っていないので伸びの件は不安ありです。これ以上編地が余ったらどうなるのか・・・。

置いてあると見た目は変じゃないけど観賞用じゃないしな~。
満足いかない出来が3枚続きました。しばらくはメンズセーターには手を出さず、次に編むときはラグラン袖で!と決心しました。

2件のコメント

  1. 完成おめでとうございます。素晴らしい出来ではないでしょうか。
    でも着たらいい感じにならないのは新しいからじゃないですか?
    脇の上ってアームホールのところでしょうか。編み地がなわ編みなので、前身頃の袖との継ぎ目は編み地が2枚重なるので、ここも厚地になりますよね、だからかしらん。

    そのうち着画も見せてくださいね。

  2. ありがとうございます。う~~むむむむ(苦笑
    ケーブル編みセーターがトラウマになりそうなのでほとぼりを冷まします。
    着画・・・ひえぇご冗談を~。

にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA