追いつかない読書メモ

先週は雑用が多くて更新できませんでした。
だいぶ前に読んだ本の記憶がなくなりそうです。

『宮本武蔵』 吉川英治文庫(講談社)


映画は主演が三船敏郎、中村錦之助(萬屋錦之介)、高橋英樹と観ましたが、三船版が標準で、錦之介版は余計な話が多い、高橋英樹版はやや奇を衒いすぎかなどと思っていました。ところが原作を読むと印象が全然違ってびっくり!

錦之介版は余計な話どころか、それが原作に忠実だったことがわかりました(忠実なのがいいとも限りませんが)。内田吐夢が変なものを撮るはずがなかったのですね。
高橋英樹版は、読む前はちょっと変わってるけどありかも?という感想でしたが、読後はおばばとお通さんの結末が作者の意図と違いすぎて・・・面白い部分も無いことはないんですけど。
三船版は原作を読んでいない人でも楽しめる、錦之介版は読んでいないと面白くない、高橋英樹版は原作と比べて驚いてほしい、という感じです。

NHK大河ドラマの『武蔵 MUSASHI』は、いろいろ問題があったらしく再放送もDVD化もされていません。当時は興味なかったけど見られないとなると見たくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA