恋のつぼみがほころぶとき 【発見】

デビー・マッコーマー著
The Shop on Blossom Street (2004) 岡本香 訳(MIRA文庫)

■あらすじ/雑感/編みどころ
購入してみるまでハーレクイン社の本だとは気が付きませんでした。よくわかりませんがいわゆるハーレクイン・ロマンスとは違う系統のシリーズなんでしょうか?

毛糸店を開いたリディアと、編み物教室に応募してきた年齢も境遇も様々な3人の女性の物語です。あらすじは私が書くよりも出版社のページのほうがわかりやすいです。立ち読みもできます!

毛糸屋さんが舞台の小説といえば、映画化されるかもと話題になったケイト・ジェイコブスの『金曜日の編み物クラブ』がありますが、正直言って私は物語も編み物についてもそれほど良いと思いませんでした(もうあまり憶えていませんが・・・)。

こちらは『金曜日・・』とは比較にならない手練れの作といった感じです。
登場人物の誰かには共感できるだろうし、嫌な気分になることもありません(私が言うのもアレですけど)。物足りない向きもありますが、さらりと読めて得るところもあります。まあ、何より編み物のことがしっかり描かれているのが嬉しいんですけどね~。

この The Blossom Street Series は11作まで出ているようですが、翻訳されているのは3作です。すぐに読めるので2作目の途中まで来ましたが、1作目と同じくリディアと編み物教室(今回は靴下のクラス!)の3人の生徒の話を軸に、前回の登場人物たちの近況が織り交ぜられもう連ドラ状態。全部翻訳してくれないと欲求不満になりそう。

ブラックな話も大好きですが、こういうハッピーエンドものも良いですね。
表紙を見てしばらく悩みましたが、思い切って読んでみてよかったです(大袈裟だけど『アウトランダー』シリーズもロマンス小説なのかどうだろうかと読み始めるのに躊躇しました)。

2件のコメント

  1. ご紹介文にひかれて3冊とも読みました。靴下は年中今現在も編んでるから、編み図もついてるしプレイヤー・ショール編もうかという気になっちゃいますね。

    1. 私も3冊目読み終えました!
      ちょっと編み物発見!効果で高評価すぎましたか~?
      でもこんなに編み物が取り入れられている小説って珍しいのでつい肩入れしてしまいまして。
      プレイヤーショールってただの三角ショールじゃなかったんですね。どんなものも編み手の気持ちの込め方次第かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA