戦慄の七日間 【発見】

Seven Days to Noon (1950) イギリス
監督:ジョン・ボールティング、ロイ・ボールティング
出演:バリー・ジョーンズ、オリーヴ・スローン、アンドレ・モレル

■あらすじ
イギリスの首相官邸に配達された手紙には、「この爆弾の製造中止を発表しない限り、議事堂近くで爆発させる」とあった。差出人は科学研究所の教授で、爆発すればロンドンの半分が吹き飛ぶ威力の小型原子爆弾を持って姿を消している。
猶予は七日間・・・教授を見つけることができるだろうか!?

■雑感
期日が近づきロンドン市民が疎開したりと緊迫感があります。

教授が貸し部屋の広告を見て行ってみると、家主はくわえ煙草を片時も離さず家中にたむろする猫を相手に暮らしているおばさん。演じているのはジョーン・ヒクソンでした。
ミス・マープルになる前は、こういうはすっぱな役が多い気がします。

うんと若い頃はどんなんだろう?と気になりますが・・・
H.G.ウェルズ原作の『奇蹟人間』(1936)ではニキビに悩む既婚の店員役。
すでに30歳くらいですから、若いには違いないけど印象はあまり変わりません。
動画サイトにあった Love from a Stranger (1937) 邦題『血に笑ふ男』でも、はすっぱでおかしなメイド役・・・昔からこの調子なのかな。

■編みどころ
非常事態になり首相が国民に向けてラジオの臨時放送を行い、聞いている人々が映し出されます。その中に病院らしき場所のベッドで編み物をしている女性が!
編み方はやっぱりイギリス式でした。

夏休みその2

休みを消化せねばということで近県で神社仏閣をたくさん巡りました。
猫がいたお寺だけご紹介。

浄妙寺(鎌倉)のモモタロウ
近づいても動かず
いじっても目を開けず
寝込んでいました。
受付にもトラ猫が。このお寺には他にもいるらしいです。

円覚寺(鎌倉)のかなちゃん
近づいても動かず
近づきすぎても・・・!
こちらもかなちゃんの他にもいるとのこと。

お寺の猫は熟睡していたという印象です。

ちょっと忙しい

今月はいろいろあって、更新が少なめになります。
編み物はちびちび進みますが、映画が進みません。

猫も忙しかったのか、くつろごうとしていたのか?
ちょっと注目したら睨まれ・・・

迷惑そうに立ち去られました。

ものすごく悪いことした気分。

年明けは

ちょこっと房総半島に行ってきました。
海沿いにはヤシの木が植えられていたりして思わぬ南国ムード。

シャチのショーは大人気で、人の頭の隙間からチラッと見える状態。
待ったり並んだりの気力は無いのであきらめました。

癒しのシロイルカ(ベルーガ)!
大きいし、普通のイルカと違うフニフニ体形にもびっくり。

こちらはショーもあるけど、それ以外の時もずっと見ていられるので良かったなー。
天井に溜まった気泡を吸い込んで遊んでたみたい。

それから特別天然記念物の鯛の浦、日蓮の誕生寺を見て

移動して鋸山で話題の地獄のぞき・・・
手すりがあるので真下はのぞけません。人が多く足場が悪いのでのんびり写真を撮るって感じではなく、ここにいる人を横から見るほうが面白いかも?
それよりお寺や大仏、石仏群など、この山を巡る階段の昇り降りが地獄です。

ロープウェー山頂駅に、なぜか猫一族。

今年は休みが長いからのんびりできると思ったら終盤が慌しかったです。
出掛けようとしたら電車が止まったりして。

さて、今年はたくさん編めますように。
編み物発見もできますように。
あー、願掛けしておけばよかった・・・。

1940年代の短編アニメ 【発見】

The Milky Way (1940)

『子ネコの風船旅行』
監督:ルドルフ・アイジング

マフラーや帽子を身につけている3匹の子猫、手袋をなくして「今夜はミルク抜きよ」と言われ寝室へ。お母さん猫は棒針を鉛筆持ちで、暖炉の前でせっせと編んでいます。
夜空にはきれいな天の川。風船を使って飛んで行き、ミルクをたらふく・・・。

DVD『マルクスの二挺拳銃 特別版/マルクス兄弟デパート騒動 特別版』の SideA「マルクスの二挺拳銃」側に、映像特典として収録されていました。

上記の映画『マルクスの二挺拳銃』(1940) にも編み物が登場!
終盤、薪が燃料の蒸気機関車が客車を解体して燃やしながら走る大仕掛けなアクションがあり、この汽車の中でアメリカ式で編んでいる女性がいます。


Chips Off The Old Block (1942)

『捨て猫騒動』
製作:ルドルフ・アイジング

自分そっくりの子猫たちを押し付けられ、父猫は大弱り。
必死で子猫を隠そうとしますが・・・。

飼い主の女性が編んでいます。
左手に糸をかけているフランス式?でも棒針ではなくフック!アフガン編み!?
でもね・・・ちょっと変なんです。

『まんが宇宙船』という番組で放送されたことがあるとの事。


Kiddie Koncert (1948)

製作:ウォルター・ランツ、監督:ディック・ランディー

生き物たちのコンサートです。
真ん中あたり、ドラムスティックが棒針になり・・・。


どれも動画サイトで見つかるかも。探してみてください!

ねこまにあ その1 【発見】

アニマルプラネット 「ねこまにあ その1」
Animal Planet Cats 101 Season 1 (2008)

様々な猫の品種を紹介する番組。
ペルシャ猫のパートで「豪華な毛を糸にしてバッグを編む」女性が紹介されていました。
彼女は著名なグルーマーで、捨てていたペットの毛を利用する事を思いついたらしいのですが、番組では抜け毛ではなく毛刈りしていました。
飼い猫の毛で作ってもらったミニバッグを手にご満悦の女性も登場。

たまたま放送されていたのを見かけて発見!
番組では、ハンドカーダーと紡ぎ車を使って紡いだ糸を手編みしていました。
糸の段階で他の毛を混ぜているかどうかは不明たけど、自然の色ではないところは染めているか他の毛も使っているのか・・・前述のミニバッグは猫の毛だけみたいでした。

番組が最初に放送された後の2009年頃はネット上でも取り上げられていました。
MailOnline の記事
バッグのウェブサイトがありますが、現在も受け付けているかどうかわかりません。
Cat lady makes bags out of fur で動画サイトにもありました。

猫の毛刈りまではともかく、紡いでいる方は結構いるみたいですね。
犬の毛を糸にするっていうのはよくあるし反対意見も聞きませんが、この番組の猫の毛でのバッグ作りは物議をかもしたようです。刈られた姿が気の毒すぎるから?
オーダーした飼い主の様子がマイナスイメージかな。
バッグそのものは普通に可愛いです。


自分が長毛猫を飼っていると想像してみる・・・
抜け毛を取っておくだろうか? まあ、これは無害だから良し。
それでは品質が良くないと思うかもしれない。確かに・・・
毛を刈るのもありかと考えてみる・・・猛暑の時とか
猫は気にしないと思うかも・・・無いほうが楽だったりして
編み心地は? 縮絨するのかな? なんて興味が出てくると
早く試してみたくなって、じっと毛を見る自分がいるかも。
いやいや、思うだけで・・・?

夏休み第一部終わり #2

近場の散策の続きは、あまり写真を撮らなかったので生き物だけちょこっと。

世界遺産になるかもしれない鶴岡八幡宮の白い鳩と、たまたま来た?アオサギ。
上空にはトンビも輪を描いていました。

世界遺産、奈良の大仏・・・ではなく鎌倉大仏の近く、偉そすぎる猫。
観光客にさんざんいじられながらも基本姿勢は崩さず。

大仏を頭から丸かじり。

他にもお寺をあちこち巡ったけど、名所の写真は撮らずにこんなのばっかり。
今度の週末から夏休み第二部、また台風が近づいています。

夏の生き物たち (2)

増えた幼虫。
ちょっと見ないうちに、このサイズが3匹いました。山椒の木は枯れていないものの、葉っぱは黄変しています。
普通はもっと鮮やかな緑の幼虫が、葉っぱの色に合った保護色になっていてびっくりしました。
雨が激しかった翌日に大丈夫かしらと様子を見ても、皆何食わぬ顔(いや、食ってるって!)、3匹で食べて足りるのかどうか・・・。

増えたツバメ。
2組目のペアが暮らし始めた人気物件にヒナが誕生していました。
とてもおとなしく留守番しているのですが、刺激があると親が帰ってきたと思うのかエサを要求して一瞬騒ぎます。カメラのフラッシュも刺激になって・・・何か機械仕掛けみたいです。



近所の猫殿。



暑いのに、見回りご苦労様です。

アランの衿つきカーデ (11)

洗ってみたら予想外に伸びた、というかダレました。
短めだった袖にとっては嬉しい・・・とも言っておれません。脇のとじた部分は伸びていないので前後が下がっちゃってます。伸びは戻りそうもないので、とじ部分を引っ張ってスチームで整えました。

洗う前はタイトだったのに、結局かなり余裕サイズです。何でこんなに??
これを見越してもっときつく編むべきだったのか、伸びたのがおかしいのかわからん・・・。
糸の使用量はお手本とそんなに変わらないので、洗い方か干し方が悪かったのかも?

それだけじゃなく、もうほとんど自分の部屋着にするつもりになっているのは・・・
やっぱり毛糸のにおいが強いのと、スチームで少し改善したけど肌触りがワイルドなのが一般人向けにはどんなもんだろうと思って。涼しくなってから再検討するかな。

袖口や衿などの模様編みは、2目ゴム編みを1段毎に1目ずらしては戻しするものです。
ものすごく目が乱れてますが、こんなもんでいいのやらどうやら?

屋外の自然光で撮ってみました。
実物はもう少し濃い目の色だけど、室内で撮るよりいい感じ。

このカーディガンはひとまず終了。
なんかいろいろ想定外のことが多くてへろへろです。
帽子編みに逃げ込みたい気分だけど、ちょっとあれの様子を見てみようかな・・・。

その後:
着てくれるという奇特な人がいまして、ちゃんと仕上げて送り出しました。

気に入ってもらえた様子。

猫にも好評ですって♪