髪結いの亭主 【発見】

Le mari de la coiffeuse (1990) フランス
監督:パトリス・ルコント
出演:ジャン・ロシュフォール、アンナ・ガリエナ

■あらすじ
12歳の少年アントワーヌは、女性理髪師に調髪してもらうひとときにうっとりし、将来は「女の床屋さんと結婚する」と心に決める。やがて中年になった頃、若く美しい理髪師マチルドと結婚し、夢のように幸せな10年が過ぎた・・・。

■雑感/編みどころ
少年時代をノルマンディーの海岸で過ごしたアントワーヌは、兄とともに母のお手製の毛糸のパンツをはいて砂浜で遊び興じていました。ほかの子供たちはそんなパンツをはいておらず、苦い思い出として残っていたようです。
色は赤で、白と緑の縁取りがあり、腰にサクランボをかたどった飾りがついていますが・・・見た目の問題ではなく、乾かないので「1日中濡れっぱなし」「1週間も使っていると股がひりひりする」のが悩み。「この水着を編み 4年も はかせた母を大いに恨んでいる」という一方で、股間への興味やいたわりを覚えたとのこと。

この毛糸のパンツを兄が保管していて、アントワーヌとマチルドが結婚したときにお祝いとして持ってきます! 当時は大きかったけど今ならピッタリ?ってサイズ。「今夜 はけ」なんて言われます。古いわりには保存状態良し。

また、マチルドに理髪店を譲った男性は、引退して施設に入居しています。
そこへ2人が面会に行った際、庭のベンチに編み物を手にしている人がいました。

編みシーンはないけど毛糸の海水パンツは大収穫!

慣れてきた

予定の1/3くらいの長さです。
ようやく間違えずに編めるようになりました。
前回9号針で編んでみてボリューム不足の感じだったので11号針にしましたが、あまり変化ありません。幅もほとんど太くならず・・・でも交差の無い部分は少しふっくらしたかも。

目が伸びる原因は、目が大きい(針が太い)からかな・・・。

交差をするところはもうきちきちなので、編み方では改善できなさそう。
あちこち引っ張ったりしてごまかしています。

オリンピックで 【発見】

ソチ冬季五輪スノーボードの男子スロープスタイルという種目で、フィンランドの選手が滑る時に隣で編み物をしている人(男性らしい)がいたとの情報が!
ガーター編みでしょうか。左手に糸をかけているように見えます。
私は見ていませんでしたが・・・動いているところを見てみたい!
また放送するかな??
その後:
再放送でチェックしました!
選手が糸を手に持ったり、編んでいる人とグータッチ的なことをしていました・・・何なのか気になる!! この人が勝ち進めばもっと見られたかもしれないのに、惜しいなぁ~。


ソチ関連ではちょっと前になりますが、1/18にBSプレミアムで放送された『ぐるっと黒海4000キロ「アジアと欧州の交差点を行く」(前編)』でブルガリアを訪れた際に、ご婦人方が車座になって針仕事をしていました。昔は革命の歌を歌いながらやっていたものだ・・・という話で、それぞれ刺繍、縫い物、糸紡ぎなど持ち寄っていて、何人かは編んでいる人も!

身頃ができた

脇までは続けて編んでいるから色の出具合が揃っているだけに、脇から上の左右の違いが目立ちますね・・・変なの~。写真を撮るまでこんなだとは気づかなかった!

あとは肩をはいで袖ぐりと前立てなどですが、編みながらゲージが違っていることがわかり段数を適当に減らしたので、拾う目数も適当にしなければならなくなりました。
タヌキ模様みたいだし、どんどんまともじゃなくなってきてる・・・。

一週間のご無沙汰

めずらしく風邪を引きました。
日曜に空咳が出始め、昼間押入れの片付けをしたときに吸い込んだマタンゴの胞子か何かかなーと不安になり・・・その後熱も出たので焦ったけど、普通の処方薬であっさり解熱。
咳から始まる風邪にかかったことがないので本当に風邪だったのかマタンゴだったのかわかりませんが、風邪薬で完治するならどっちでもいいかな。
咳と熱だけという症状がちょっと変な気もしますが・・・。
今度は花粉の鼻水が大変になってきました。

港のマリー 【発見】

La Marie du port (1950) フランス
監督:マルセル・カルネ
出演:ジャン・ギャバン、ニコール・クールセル、ブランシェット・ブリュノワ

■あらすじ
酒場や映画館を経営する羽振りの良い中年男シャトラール。
若い娘に目を留めるが、それは自分の情婦の妹マリーだった。マリーに思いを寄せる若者は気が気でなく、シャトラールに挑みかかるが相手にされない。
危なっかしいマリーは思いつめた様子、彼女の心はどこへ?

■雑感/編みどころ
中年というより初老の感じのジャン・ギャバンと、初々しいニコール・クールセルの取り合わせ。散々やきもきさせて、いったいどうなっちゃうのかと思わせて・・・あらあら。でも編み物発見!効果のおかげで好印象、なんだか微笑ましいような・・・。

シャトラールが終盤、マリーの乗ったバスを車で追いかけている時、バスの中でマリーの後方に座っている女性が棒針編みをしています!
体の右半分が映っているくらいなのでよく見えませんが、時間はけっこう長め。

翻案の翻案

『幽霊塔』 江戸川乱歩

黒岩涙香版を読んだので、次は江戸川乱歩版です。
明治時代とは違って文章も読みやすく、人名や地名が完全に日本化されていて違和感がありません。細かい部分が省略、変更されていますが、大筋はそのままでした。

筋書きを知っているせいもあるかもしれないけど、緊張感や不気味さには乏しく(特に養蟲園の描写があっさりしすぎ)、ヒロインの魅力も物足りなく感じました。主人公の尊大さが抑えられていたのは良いのですが、全体に小粒になってしまった気もします。
プロローグとエピローグは平和なので、本編はドラマチックにしてほしかったけど、涙香版では冗長すぎるし・・・でも乱歩版を読んだことで、涙香版の良さも認識できたのは収穫でした。

あとは原作の『灰色の女』(A.M.ウィリアムスン)ですが、これが『白衣の女』(ウィルキー・コリンズ)から設定を借りているらしいので、『白衣の女』を先に読むつもりです。

再挑戦マフラー

『裏も楽しい・・・』からDの両面同じ柄のアラン模様。
前回は細くなっちゃったので編みかけて別のものになりましたが、糸と針を変えてみたら、なんとなく大丈夫そうな感じです。

縄編みの込み入ったところがごつくなるので緩めに緩めに・・・と意識しすぎたせいか、目が伸びちゃっているところがあります。それが気に入らないので別にちょっと編んでみて、改善されるようなら乗り換えようかな。解かないで済むなら解きたくないという心が見え見え。
緩いくせにぎゅうぎゅうなのは何でだろう? 針を太くしてみる?

このパターンは編んでいる人がたくさんいるので参考になります。
皆さんスイスイとよく編めていらっしゃるようで感心しますね。

私はすぐ間違えて、やり直すにも交差しているから元の状態が分かりにくくて苦労します。普通は表で操作したら裏は裏編みだけで一息つけるものだけど、毎段交差するので気疲れというか・・・って、まだこれだけしか編んでいないのにもう文句ですか。

台詞に登場 #8 【発見】

我は海の子 (1937)

資産家で有力者のひとり息子ハーヴェイは、友情や成績を買収と親の地位を利用して手に入れている。ついに学校で問題になり、多忙な父も息子に甘かったことに気づいた。
停学になったのを機に船旅に同行させるが、ハーヴェイはデッキから海に落ちてしまう。
彼は漁船に拾われ、漁師マニュエルと行動を共にするうち素直な心を取り戻す・・・。

縄が絡まってもがいている漁師の仲間に向かってマニュエルが
腕の立つ相棒と
組んだほうがいいぞ

延縄で編み物するような
女々しいやつは やめとけ
なんて言います。
ちょっと聞き捨てならんですが、良い映画なのでいいかな。


夜までドライブ (1940)

ジョーとポールの兄弟は長距離トラックの運転手。
稼がなくてはトラックを取り上げられてしまうため、寝不足で無理な運転を続けているうち事故を起こし、ポールは右腕を失う。兄はすぐに就職できたが弟は・・・。

なかなか仕事が見つからない中、兄たちを招いて夕食の席で
編み物を習って
内職でもするさ
英語では少し違う表現だけど、ネガティブ思考には変わりありません。
家でやることもなく過ごしている荒んだ状況なので仕方ないかな・・・。
この映画は前半と後半が違う雰囲気で、ラストの展開も意表を突かれました。