夏休みその1の2

三日目の続き。月照寺をゆっくり見すぎて松江城に行く時間がなくなりました。松江しんじ湖温泉駅に戻り一畑電車で一畑口駅へ。そこからはバスで一畑薬師に向かいます。

目玉おやじがお出迎え

お地蔵さん!

編み物・・・三昧♪

こんなにたくさん!

目にご利益があるというお寺なので目玉おやじがいるのだと思いましたが、それだけではありませんでした。

少年時代の水木しげるの家にお手伝いに来ていた「のんのんばあ」が一畑薬師を信仰していたそうで、水木少年に多大な影響を与えた重要人物だったのです。そんなゆかりのあるお寺とはちっとも知らずに来ました。『のんのんばあとオレ』読んでみよう。

一畑口駅にもいました。

「しまねっこ号」です。初日からあちこちで見ていた島根県のキャラクターですが、正面に座ってしげしげと眺めるうち、やっと猫と関係あるらしい(しまねっこ)と気づいたという・・・。

四日目は石見銀山、五日目は安来の清水寺や足立美術館へ。
もうないだろうと思いましたが最後の安来駅でまた発見!

お地蔵さんぽいけど

安来といえば、のどじょうすくい。
終わってみれば大収穫の旅でした。

夏休みその1の1

島根に行ってきました。去年も隠岐の島なので連続です。

豪雨の直後で乗るつもりの電車が運休になったり予定外のこともありましたが、旅は中止しなくてよかったと思っています。

一日目は出雲大社、旧大社駅、日御碕神社など、二日目は松江の八重垣神社、神魂神社、熊野大社などを見て三日目です。

松江しんじ湖温泉駅にある足湯
ポシェットも編み物!
月照寺は松江藩主・松平家の墓所。廟がたくさんあり静かな雰囲気でした。
外の駐車場にお地蔵さん群が!
左下の小さなお地蔵さんがかわいい。後ろの六地蔵はメイクしていました。

成就院(栃木県下都賀郡岩舟町)

先月の下旬に訪問しました。
門の外でお地蔵さんのお出迎え・・・期待が高まります!
参道に六地蔵が。
ぼけ封じ観音によくお願いをしておかなくては。
境内にも六地蔵があります。 小僧さんの視線の先にお地蔵さん。
お地蔵さんの帽子がどれもきれいなことから、まめに編まれていると想像します。
大収穫でした!

佐渡の思い出

今年のうちに夏休みその2のことを書いておかなくては。
もう3ヶ月も経ってしまいましたが、佐渡であちこち観光し・・・地蔵ニットを見つけたのは賽の河原です。海沿いの遊歩道をしばらく歩いてゆくと、岩の割れ目に数cmの小さなお地蔵さんたちがいます。

その先の洞穴が賽の河原です。

今回はお寺にあまり行けなかったので、次の機会にはそちらを目的に回りたいと思いました。

最後の日に行った佐渡歴史伝説館の売店でお見かけしていたジェンキンスさん。突然の訃報は驚きでした。いろいろと印象深い旅でしたね。

今年もあと少し。
来年はもっと書きたいな・・・書けるといいな・・・きっと書きます!

満福寺(鶴ヶ島市)

武蔵国十三仏霊場5番、地蔵菩薩のお寺です。
入り口の六地蔵は遠目にはNK判定(注:No Knit = 編み物なし、説明する方が面倒)でしたが、よく見るとたすきが編み物でした。こういうのもあるから見過ごせない!

鶴ヶ島市ってどこですか? 埼玉県川越市の隣でした。


ところ変わって川越の延命寺。
ここにもたすきがけの地蔵が・・・っと駆け寄るも布製でした。

しばらくBlogを更新していないと存在を忘れてしまいそうです。
書きたいこともたまっていくうち別にいいか・・・なんて。
そんなことでどうする!
明日から夏休みその1だというのに(また更新が先延ばし)。。。

香取市2件

先週の土曜日、千葉県の佐原に行ってきました。
てっきり佐原市だと思っていたら、2006年に香取市に変わっていました。伊能忠敬と佐原の大祭、川沿いの古い家並みなどが有名です。

法界寺


観福寺


佐原の大祭夏祭り(八坂神社祇園祭)も見られました!
山車の上の人形がとてもリアルというか生々しくて、間近で見ると迫力がありました。歴史や神話からの人物のほかに、鷹と鯉がいるのもユニークです。

山車会館にて。
昔の写真を見ると、電線など無いのでもっと高さがあったみたい。

夕方に帰ろうとしたら、お祭りに向かう人たちがたくさんいました。夜のほうが涼しいし、照明に浮かび上がる山車がきれいだろうと思います。秋にも同様のお祭りが別の地区であるのでちょっと気になっています。

法華寺(さいたま市)

以前は岩槻市だったところ。あじさいが見頃でした。

この日は地蔵ニットの収穫なしで、最後のお寺で発見できたので嬉しい!

またお地蔵さん頼みになってしまいました。
なんか気合が入らなくて・・・暑さに負けたのか、はたまた睡眠負債!?