護国院(茨城県鹿嶋市)

本堂。 大師堂。赤いものが見えるとときめきますね~。布の場合もあるので喜び過ぎないようにしつつ寄ってみます。 左右に古そうな木像が!屋根に守られているので毛糸も良い状態です。なかなか表情が豊かな像ですが、どなたなのかわかりませんでした。 護国院の木像 いやー、収穫あったなぁと周りを見てみると、あるどころの騒ぎではなかったのです。
お堂の周りに八十八ヶ所に対応した弘法大師像が並んでいて、それぞれに帽子と首巻き(肩掛け?)がされていました。 護国院の弘法大師像 鯖大師にも。 護国院の鯖大師 風雨にさらされていた部分とたすきで覆われていた部分、新しく編み直されたと思しき帽子、大師堂の日当たりのよい側と陰になる側での違いなど、いろんな状態がありました。 護国院の弘法大師像の帽子と首巻き
全部同じ方が編んでいるのかしら?
他にもお地蔵さんの首巻きがあったりしたので、かなりの量になると思います。

成就院(埼玉県行田市)

三重塔があるお寺。
山門横にお地蔵さんがいました。

以前も埼玉や東京西部でたすきがけを見ました。地域によっていろいろ特色があるのが興味深いです。

この後、埼玉県名の発祥となったという前玉(さきたま)神社へ。

見かけた神社猫はこれによると「さくら」ですね!

壽福寺(群馬県富岡市)

猫のいるお寺。
ガン見?怪しまれています・・・。

最後まで警戒を解いてくれませんでした。

今回、富岡市で見つけたのはここまで三つのお寺でした。
なんとなく共通点があって、かぎ針編みで、帽子は縁編みがついている、前掛けはネット状、というのが多かったです。全部同じ人が編んだ!? なんて思ったけど、最初の光明院は離れた駅なのでちょっと考えにくいか。でも似てるなぁ・・・。

泰寧寺(群馬県みなかみ町)

たくみの里」という道の駅やいろんな手作り体験ができる施設があるところを歩きました。途中、わらアートにびっくり~。仏三体は、釈迦如来像の向かって左に象に乗った勢至菩薩、右に獅子に乗った文殊菩薩、とのことですが、乗っている菩薩が左右入れ替わっているようです(別の場所へ出張展示があったので組み立てる際に違ったのかも)。また、象に乗るのは普賢菩薩ではないかと思います。
これは去年作られたもので少々変色しているけど長持ちするのですね。

泰寧寺はあじさいの名所です。

奪衣婆のマフラー姿は珍しいかも。