毛糸だま 【サンカ】

このところ順調にサンカ手袋関係が掲載されていますね。

毛糸だま 2017 No.175[秋号]

「シェパード・プラッドのサンカ手袋 2組セット」のキット

「羊飼いの格子じま」って意味でしょうか。 このパターン好きなんですよね~。
だいぶ前に片方だけ編んでそのままになっていますが・・・編み直そうかな?

そのほか

以前販売されていたものの糸を変更した
「サンカサンプラーマフラー ウール」のキット

アリソン・トムソンさんデザインの
「サンカ靴下」のキット

が販売されています。

21日(火)まで

伊勢丹府中店6階で「<TOKUワークショップ>手づくりの家具と7人のクラフツマン」が開催中。田志口正恵さんが参加されています。お邪魔してきました!

今回新しかったのは、籾山孝雄さんの牛柄を取り入れたもの。
牛の額と目の部分が見えている構図です。

画像ではわかりにくいけど左の水色の段染め糸にはラメが入っています。

グレーのベストにも牛が。こちらは背中で前は黒の縄編み模様。

美しい段染めに編み込み!

毛糸だま 【サンカ】

毛糸だま 2017 No.173[春号]

「ペグ・ミラー ローズ模様のサンカ手袋」のキット

ペグ・ミラーさんの作品をアリソン・トムソンさんが再現したとの事で、「毛糸だま」には手袋発見時のいきさつなど掲載されていました。現代になってもなおこういうことがあるってことは、まだ埋もれているパターンがあるのかもしれませんね!

前回の冬号に引き続きサンカが記事になって嬉しいです。この調子で続きますように・・・。

毛糸だま 【サンカ】

毛糸だま 2016 No.172[冬号]

「サンカサンプラーマフラー」のキット

おお、マーガレット・スチュアートさんだ~と開いた毛糸だまに発見が!
サンカ手袋の記事も小さく載っていました。

「現地と同じ糸」というのは4plyソックヤーンなんですよね。
で、これを編むのに適しているのが4本針というのは何故?どうして?輪編みではないの!? え゛ぇーーーそんなことって・・・と非常に気になっております。

このキットはユーロ・ジャパン・トレーディング・カンパニーさんでも扱っています。日本語ページにはなかったのですが、お買い物サイトの英語ページにはあります。

その後:
UJTさんに問い合わせたところ、来年の2月頃から販売予定との事でした。

BBC NEWS 【サンカ】

Knitting revival under way in Sanquhar


だいぶ前の記事です。
サンカで伝統的な編み物が復活しているというスコットランドのローカルニュースがありました。以前から注目されていましたが、特に2013年の日本の書籍『スコットランドの伝統てぶくろ』で取り上げられたことが大きい感じです。

冒頭に登場する手袋の編み手は、サンカ祭りinスミソニアン のメイ・マコーミックさん!
お元気そうで嬉しいです。もうずっと、編むところだけ見せてくれませんか・・・。

地域のコミュニティサイトに新しい編み機での最初のマフラーの記事もありました。
HISTORIC SANQUHAR PATTERN KNITWEAR COMES TO LIFE ONCE MORE

まさん、情報ありがとうございます!

隅田川ほとり2015

田志口正恵さん参加のクラフト展に、先週お邪魔してきました。


大物の新作がありました!
同系色の微妙に違う質感の糸が使われていて面白いです。
帽子も少し増えて
レースもいくつか。

スウェーデン在住のテキスタイルアーティスト、籾山孝雄さんの作品。

バッグはリバーシブルにもなる丁寧な作り。
もうちょっと小ぶりなら欲しかったなぁ。。

展示会情報

田志口正恵さんからお知らせが来ました!

「第10回 隅田川ほとりクラフト作家集団展 展示即売」
会期:10月13日(火)~19日(月)
会場:2013年と同じルーサイトギャラリー(市丸さんのおうち)です。

さらに

第1回『クラフト パッサージュ 28人展』
会期:10月28日(火)~11月2日(月)
会場:1月と同じ伊勢丹府中店6階特設会場です。

どちらも大勢の作家さんが参加して賑やかな展示会になりそう。
期間も長めなので両方行きたいです。

2013年の展示会の記事は → 隅田川ほとりへ
今年1月の展示会の記事は → ニット展