海外CM【発見】

The innocent Big Knit Choir – There’s No One Quite Like Grandma

英国の飲料メーカー「イノセント・ドリンクス」のCM。
これは1980年のクリスマス期にナンバーワンヒットを記録した曲を、当時の合唱団のメンバーによって再録音したものです。

この会社が行っている the Big Knit キャンペーン では、ボランティアがスムージーのボトルに被せる毛糸の帽子を編み、商品の売り上げの一部が高齢者支援団体に寄付される仕組みだそうです。
日本でもこういうのがあればいいのに!

Wealthfront – Knitting

資産運用会社のCM。
これも人に持たせたかせから直接編むパターンですね。
編み物好きには評価が低いみたい。

前振り映像?ですが【発見】

ほんのちょっとの登場です。

ダーウィンが来た!生きもの新伝説 439回「巣を守れ!アマゾン 鳥の大作戦」

NHK総合 2017年2月19日放送

ツリスドリ(吊り巣鳥?)がクチバシを編み針のように使って巣を作ります。
実際は棒針編みというより毛糸針というか、針ミトンのような感じです。

番組冒頭に編み物をするご婦人の映像が流れました。
これがなかなかいい感じでしたの・・・。

再放送は2月21日(火) 午後4時20分~4時50分です。明日だ!

ニットのショートフィルム【発見】

2016年のロードアイランド国際映画祭で、最優秀実験映画賞を獲得した Anushka Kishani Naanayakkara 監督の作品 ”A Love Story” のメイキングです。

Making of ‘A Love Story’

7層構造のものを撮影しているので遠近感があります。登場するのは編んだもの、織ったものといろいろありそうです。そのうち本編も見てみたいですね~。

まさん情報です。いつもありがとうございます!

毛糸だま 【サンカ】

毛糸だま 2017 No.173[春号]

「ペグ・ミラー ローズ模様のサンカ手袋」のキット

ペグ・ミラーさんの作品をアリソン・トムソンさんが再現したとの事で、「毛糸だま」には手袋発見時のいきさつなど掲載されていました。現代になってもなおこういうことがあるってことは、まだ埋もれているパターンがあるのかもしれませんね!

前回の冬号に引き続きサンカが記事になって嬉しいです。この調子で続きますように・・・。

十福星【発見】

最佳福星/Lucky Stars Go Places (1986) 香港

監督:エリック・ツァン
出演:サモ・ハン・キンポー、カール・マッカ、アラン・タム、シルヴィア・チャン、アンディ・ラウ、松井哲也

あらすじ

日本人が絡む武器取引の情報を得た香港警察が、売買を阻止するため以前もスパイとして使った一般人のキッド(サモ・ハン・キンポー)を協力させることにする。キッドは仲間に話を持ちかけるが彼らは乗り気ではなく・・・。

雑感/編みどころ

福星シリーズ第4弾とのことですが、ジャッキー・チェンは出ておらずストーリーは無いようなもので、これまでのシリーズを見ていないからキャラクターもよくわからないし、大勢がドタバタしているだけに思えました。

編みシーンにはかなり問題あり。
キッドの仲間4人はアジトで休憩中。ひげとちびはそのうちの2人です。
ちび(エリック・ツァン)の両手首に毛糸のかせをはめて、そこから直接 ひげ(フォン・ツイファン)が4本針(?)で、小さめのミトンの先のような袋状のものを編んでいます。「編み物なんて女じゃあるまいし」と仲間にからかわれながら編むのは ちびの物だと言います。

ちび「ねえ、ちょっと長いんじゃない?」
ひげ「じゃあ合わせてみよう」

そこでちびが舌を出し、

ちび「う~~~」
ひげ「もっと出せ」
ちび「もう無理だよぅ」

ちびの舌に合わせる仕草

ひげ「だいたいいいな、出来上がりだ。出かけるときは忘れずに着けて行けよ~」
何ですかこれは!舌カバー?
これは吹き替えのセリフですが、英語訳でも似たりよったりです。舌を冷やすといけないとか故事でもあるんでしょうか!? その後出かけるときに着けるのかと思えば着けないし、4人は銀行強盗で捕まって以後ほとんど出番なしという・・・何ですかこれは!!

どうでもいいシーンが多い映画なので、編み物の話も深い意味はないと思います。ひげとちびは第2弾『大福星』、第3弾『七福星』にも出ています。チェックする価値があるでしょうか?本作よりは作品としてまともだと思いますが・・・。

その後:
『大福星』『七福星』をチェックしたところ、やはり編み物はありませんでした。でも『大福星』に出演している西脇美智子が良かったのと、彼女のインタビューが収録されていたのが思わぬ収穫でした。