グレン・ミラー物語 【発見】

The Glenn Miller Story (1954) アメリカ
監督:アンソニー・マン
出演:ジェームズ・スチュワート、ジューン・アリソン、ハリー・モーガン

■あらすじ
グレンは編曲の勉強をしながらトロンボーン奏者として働き、なかなか稼げずに質屋通いの日々を送っていた。大学時代の女友達ヘレンと結婚したが、生活のためには演奏して収入を得なければならず、編曲をしていられないと悩む。
ヘレンの理解もあり編曲に力を入れ自信作ができた。しかしいくら良い出来でも演奏はバンドリーダーの好み次第で変えられてしまう。グレンは仲間と一緒に自分の楽団を持つというかねてからの夢に向けて進み始める。そして遂に自分のサウンドを見つけて聴衆に受け入れられ、ヒットを連発し楽団は成功を収めるが・・・。

一世を風靡したビッグバンドのリーダーであるグレン・ミラーの半生。

■雑感
グレンのヘレンへのプロポーズがユニークです。
2年間音信不通で名前を聞いてもピンと来ない程度の女友達(しかも婚約者がいる!)にプロポーズし、その後また2年間音沙汰なしかと思えば「もう待てないから結婚しよう」っていう具合。それに応じるヘレンもヘレンなんですけど、元の婚約者と結婚していなかったということは運命を感じていたのでしょうか。
彼女がいつも前向きで、ともすれば弱気になるグレンの後押しをします。

■編みどころ
ヘレンの母が長い棒針とパステルグリーンの毛糸で編んでいました。
右手で糸をかける編み方で、ウェアのような大物がだいぶ編めている感じです。

編みシーンありの情報はとらのママさんに教えていただきました。
いつもありがとうございます!


グレン・ミラーといえば、編み物を題材にした曲が。

Glenn Miller – Knit One, Purl Two

セーターを編みながら愛する人を思っているようです。
1942年発売、歌はマリオン・ハットン。楽譜の表紙はこんなの


ちょっと疑問なのは・・・表編み1目、裏編み2目の編地ってことなんでしょうか!?
あ、でもその繰り返しだとは言っていませんね。

以前、編み物発見!した『ジェニファー・ラブ・ヒューイットのセレブリティ』に “Knit, one. purl, two.” という台詞があったし、『恋の方程式 あなたのハートにクリック² 』では “Knit one, purl two, Knit one, purl two…” と繰り返していたので、てっきり表編み1目、裏編み2目でできた編地だと刷り込まれていたけど、たまたま編んでいるところが表編み1目、裏編み2目だっただけ、または編んでいる目と関係なくつぶやいてみた、とか?

この曲より以前から “Knit one, purl two” と言いながら編むことがあったのかどうか(そう言っていたから歌詞が出来た?)、実際の編み目にかかわらず “Knit one, purl two” と言うことがあったのか?それとも別の意味があった?

そんなこんながずっと気になっています・・・。

神さまがくれた娘 【発見】

Deiva Thirumagal (2011) インド
監督:A.L.ヴィジャイ
出演:ヴィクラム、ベイビー・サーラー、アヌシュカ

■あらすじ
南インドの大都市チェンナイの路上で、「ニラー」と繰り返すばかりで要領を得ない男性が保護された。弁護士のアヌが世話をすることになり事情がわかってみると、男の名前はクリシュナ、知的障害があり、山村のチョコレート工場で働きながら6歳の娘ニラーを育てているという。

妻のバーヌは出産の際に亡くなり、クリシュナとニラーは豊かな自然と村の人々とに包まれて幸せに暮らしていた。ところがニラーが小学校に通うようになると、クリシュナとの結婚に反対していたバーヌの家族は、クリシュナは保護者としてふさわしくないとニラーを引き取ってしまう。
引き裂かれた仲良し親子はどうなってしまうのか・・・?

■雑感/編みどころ
ハリウッド映画『アイ・アム・サム』にインスピレーションを得ていますが、こちらのほうが偶然やドラマチックな要素で娯楽色が強くなっています。インド映画ですから~。

編みシーンはないのですが・・・。
クリシュナは妻が編んでくれていたセーター(ベストなのに映画の中ではセーターと呼ばれます。あまり手編みに見えない。。)をずっと着ていて、暑い都会でも脱ごうとしません。
ニラーが赤ちゃんの頃には、村の誰かが編んでくれた?と思うようなニットも着用。

扉の向こう側 【発見】

パトリシア・ハイスミス著
People Who Knock on the Door (1983) 岡田葉子 訳

■あらすじ
アーサーは17歳、両親と15歳の弟の四人家族で平凡な暮らしをしていた。
あるとき弟が高熱を出し危険な状態になったが、幸いにも回復する。神に祈りが通じたと思い信仰に目覚めた父親は、家族にも信心を要求し始め・・・。

■雑感
ティーンエイジャーが主人公であり、その家族も主要な登場人物というのは今まで読んだ著者の長編とは違うパターンでした。
衝動的な行動を取る主人公が多い中、アーサーが自制心を発揮するのも意外だけど、他の人物のある意味ずさんな描写から来る雰囲気などは相変わらずだと思います。物語はあまりにも想像通りの展開で物足りないような、でも印象に残る作品です。

「扉の向こう側」というタイトルはブレイクスルーって意味合いで、抑圧された主人公が何か突破するような話なんだろうなと思っていたら、原題はそんなんじゃなくて来訪者的な意味でした。まあ、来訪者は「扉の向こう側」から来るわけだし、最後は「扉の向こう側」に出たとも言えるし、原題とは違うけど悪くないのかも。

■編みどころ
アーサーの母方の祖母は悠々自適の毎日を送っていて、遠方からたまに訪ねてきます。
祖母は、ソファに坐り、家で見つけたダークグリーンの毛糸で帽子を編んでいた。毛糸の量が少なくて帽子以外のものは編めないのだという。「おかしな子だこと」編物から目をあげずに祖母はいった。
人の家に来てありあわせのもので編むとは! ぜひ見習いたい・・・。


著者の短編集『11の物語』は、編み物は登場しませんが面白かったです。

同じく短編集『風に吹かれて』に収録の「ネットワーク」の登場人物はセーターを洗っていました。わざわざ書くくらいだから手編みなんだろうと勝手に判断しています。
こちらの短編集は『11の物語』に比べると救いがないダークなものが多く、珍しく超自然なものもありました。

西蒲田公園 【発見】

あるところに用事があって、JR蒲田駅南口を出て東急多摩川線沿いに歩くこと数分。
Googleマップのルート検索で公園を斜めに突っ切る経路が出ていたのでそちらへ進むと・・・誰かがベンチに座っています。
なんだかよく見えなくて、かなり接近して気がついた時の驚きといったら!

おばあちゃま、ここにいらしたのね・・・ってどなたですか??

左手に糸をかける編み方でしょうか。
人差し指に糸がかかっているように見えます。
使い込まれているのか針が曲がっていて、
二つの毛糸玉は事情により全部くっついています。

思いのほか不敵な面構え堂々たるお姿で・・・。

なぜ編み物をしているブロンズ像が?と思いましたが、すぐ近くにユザワヤの本社があることと無関係ではないのでしょう。今回、像が作られた経緯や正式な名称などはわかりませんでした。引き続き調べてみます。

ベンチの隣は空いているので、近所の人で賑わう時間にはおばあちゃまとの会話も弾んでいることと思います。蒲田のユザワヤへ行くことはあっても、こちらは方向違いなので御存じない方も多いのではないでしょうか。近くにお出かけの際には会いに行ってみてください。

公園には他に、クロッケーかゲートボールをする少年、

風と戯れる少女、もいました。

誰もいなかったので、おばあちゃまに接近したり慌ただしく写真を撮ったり・・・先を急がねばと出ようとしたら、私の怪しい行動の一部始終を見ていた猫が。

食べ物で編み物 【発見】

明治の子供向けグミ「超ひもQ」を棒針編みした人が話題になっています。

こちらの記事の最後では2010年に編んでいた(棒針ではなく自作編み機)別の人のことが紹介されていて、これが面白いです。

超ひもQのキャッチフレーズが「楽しく遊んで、食べておいしい!」なので、おいしくいただいていれば食べ物で遊ぶなという批判にはあたりませんね。
ひもQっていう商品がパワーアップして超ひもQになったのでしょうか?
てっきり超ひも理論ありきかと思いました。

グミ好きだけどこの商品のことも編んだことも全然知りませんで・・・。
世の中、知らないことだらけです・・・。

Suicaのペンギン フェザールー 【発見】

情報が古くてすみません。

Suicaのペンギン フェザールー

JR東日本のSuicaのペンギンと「フェザールー」のコラボ商品です。
フェザールーは以前オレンジ色の編み物プリント柄を電車の中で発見しました。
それがこんな形で出てくるとは!

プリント柄はアラン模様で、エンブレムと裏地でペンギンがマフラーを編んでいます。
嬉しそうな表情で糸は左手(左羽?)にかけている様子。

店頭で見かけて知ったので、まだ直接入手は可能かと思います。

バッグは要らないからエンブレムと裏地が欲しい・・・。

その後:
ちょうどプレゼントをあげようと思っていた人が欲しそうだったので、購入して中をチェックさせてもらいました! バッグがダメになったらワッペンと裏地をもらう約束も取り付け済み。

三色のマフラーで、ちゃんと毛糸玉が描き分けられています。

裏地のほうは多少デフォルメ。

袖を少し

メンズセーターが亀の歩みです。
先週は生ガキで撃沈したので仕事休みの間、ちょっと進みました。
子供の頃に一度あたりましたが、そんなことが昔々の話になった今日この頃、ふと食べてみたら大丈夫だったのでまた食べたらやられました。症状は軽く済んだけど、これをきっかけに甲殻類アレルギーになったという人もいるのでリスク高すぎです。
生が大好物というわけでもないので、もうやめておこう・・・。

袖はゴム編みを平編みしてから

とじて輪編みを始めました。
端の目が1目ずつ余るので、なんか境目がゴニョゴニョだけど気にしない~。