戦慄の七日間 【発見】

Seven Days to Noon (1950) イギリス
監督:ジョン・ボールティング、ロイ・ボールティング
出演:バリー・ジョーンズ、オリーヴ・スローン、アンドレ・モレル

■あらすじ
イギリスの首相官邸に配達された手紙には、「この爆弾の製造中止を発表しない限り、議事堂近くで爆発させる」とあった。差出人は科学研究所の教授で、爆発すればロンドンの半分が吹き飛ぶ威力の小型原子爆弾を持って姿を消している。
猶予は七日間・・・教授を見つけることができるだろうか!?

■雑感
期日が近づきロンドン市民が疎開したりと緊迫感があります。

教授が貸し部屋の広告を見て行ってみると、家主はくわえ煙草を片時も離さず家中にたむろする猫を相手に暮らしているおばさん。演じているのはジョーン・ヒクソンでした。
ミス・マープルになる前は、こういうはすっぱな役が多い気がします。

うんと若い頃はどんなんだろう?と気になりますが・・・
H.G.ウェルズ原作の『奇蹟人間』(1936)ではニキビに悩む既婚の店員役。
すでに30歳くらいですから、若いには違いないけど印象はあまり変わりません。
動画サイトにあった Love from a Stranger (1937) 邦題『血に笑ふ男』でも、はすっぱでおかしなメイド役・・・昔からこの調子なのかな。

■編みどころ
非常事態になり首相が国民に向けてラジオの臨時放送を行い、聞いている人々が映し出されます。その中に病院らしき場所のベッドで編み物をしている女性が!
編み方はやっぱりイギリス式でした。

4件のコメント

  1. ありがたいことにとりあえずYouTubeで、『くわえ煙草で猫だらけ』のみ見れました!おもしろい出し方をする人もいるもんだと感心しつつ感謝!笑

    1. おっ、ご覧になりましたか!
      なかなかインパクト大ですよね。

      今のところ一番若い画像は・・・1932年の結婚写真。カワイイ!
      http://tipsimages.it/Photo/ShowImage_Editorial_Popup.asp?IMID=2162309&or_h=h&or_v=v&or_s=s&or_p=p&tp_f=f&tp_i=i&tp_c=c&ps_1=1&ps_2=2&ps_3=3&ps_g=g&cl_c=c&cl_bw=bw&ched=ed

      ご覧になったであろう動画を見てたら、関連動画だかおすすめ動画に出ていた Trio(1950) が気になり、流してみたら発見が!
      44分過ぎ
      細かそうなレース編みみたいなのをやってました。
      1:04:47
      かせを持たせて糸玉に巻き巻き。

      ケン・アナキン監督で『四重奏』(1948)の後に作られた、モームの短編をもとにした映画みたいです。

とらのママ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA