ベスト開始

先日のデミグラブと同じ本からベストを編み始めました。

この糸はナイロン19%とあるので、黒い糸がナイロンなのでしょう。編地になると黒が効いていい感じにも思えるのですが、編んでいる最中はものすごーく邪魔です。

黒い糸が他の糸と分離しやすいので、黒い糸だけ置いてきぼりになったり、別の目から黒い糸だけ連れてきたりして、変な糸割れになりやすいのです。

編み始めはゴム編みの作り目です。
本に書いてある目数が違っていたり、自分で間違えたりして何度も作り直しました・・・。
前後の身頃を繋げて編みたい欲求に駆られましたが、ぐっとガマンです(?)。

このタイプの糸は手がきついと針が動かなくてキシキシになりますが、その状態に近いです。ゲージは大丈夫だと思うんだけど・・・この前の子供サイズ事件もあるから、測るときに伸ばしすぎないようにしなくては。

冬糸が店にない

あるものを編もうと思って緑色の毛糸を探していました(白との2色編み)。
中細で青みがかった緑が欲しいのだけど、モニターではよくわからない。
これは現物を見るしかない!と手芸店に行ってみたら、今の時期は大きな店でも冬糸を全部置いてあるわけではないようで、見比べて買うという目論見は外れました。
いつものように通販で・・・

上段はリッチモアのマイルドラナ、左から2、77
下段左からダイヤゴールド中細364、ニッケビクター中細927、ダイヤタスマニアンメリノファイン111


マイルドラナがいいんじゃないかと予想して白も買ったら、緑の色が思ったのと違ってました。いちばん緑らしい緑ですね。タスマニアンメリノファインは青すぎるか・・・
この中ではダイヤゴールドだけど・・・完璧ってわけでもないから、白もダイヤゴールドにして・・・というほど気合が入らないなぁ。

誤差ですかね?
マイルドラナで編んじゃったら?
どれも試し編みしてみないとわからないのでは?

考えてみるとすぐに編むわけではなし、少し待って秋になってから見に行ってもよかったな。
使うのは一色なのに、こんなに糸を増やしてどうするつもりですか・・・。

デミグラブ完成

『優美な模様のニット クチュール・ニット18』(志田ひとみ著)から「デミグラブ」
糸はダイヤエポカ (40g/81m) 58g、色(358)、棒針6号

指定糸はアルパカでしたが、それとは違う糸です。
やはり後から編んだ片方が少しきつめになりました。

手のひら側がメリヤス編みだったのをゴム編みに変更しましたが、ちょっと交差を入れたりすれば、のっぺり感が軽減できたのにと思います。
(「のっぺり」に関してはお手本にも不満なんですよね~)

ゴム編み止めが適当すぎる件。
編み終わりは表目だけねじり目のゴム編みです。
左手は普通のやり方でゴム編み止めしたところ、なんか違和感が・・・そういえば、ねじり目はねじってからゴム編み止めするんじゃなかった!? と、右手はそのようにしてみました。
結果、あんまり変わりません。ねじって止めたほうが気持ち自然な感じ。
表目だけだからそれほど影響ないのか、止め方が下手すぎてそれ以前の問題なのかも。

「クチュール・ニット」シリーズはずっと見ていますが、編んだのは初めてです。
デミグラブは模様ひとつだから楽だけど、大物はなかなか気軽に編めません。
次はこの本から中物(?)を編んでみます。

僕の彼女はどこ? 【発見】

Has Anybody Seen My Gal (1952) アメリカ
監督:ダグラス・サーク
出演:パイパー・ローリー、ロック・ハドソン、チャールズ・コバーン、ジジ・ペルー、リン・バリ

■あらすじ
親戚のいない金持ちの老人が、若い頃に恋した女性の娘であるブレイズデル夫人に遺産を残そうと思いついた。その前に一家の暮らしぶりを見ようと身分を隠し下宿人として家に入ってみると、良い家族なのだが問題もある。

かつて老人のプロポーズを断った母親が簿記係と結婚したため、娘のブレイズデル夫人は裕福になり損ねたとばかり、自分の娘ミリーは金持ちと結婚させようと躍起になっているのだ・・・。

■雑感/編みどころ
ミリーは貧しい青年ダンと結婚の約束をして一家はお祝いムード。
ブレイズデル夫人だけは露骨に面白くないという態度です。
皆が浮かれ騒いでいる中、夫人がソファに座って編んでいました!

棒針編みで右手の指に糸をかけていますが、ストロークが短いというか指先だけを動かして編んでいるように見えます。
これが画面の端のほうにちょこっと入っている程度なのが残念。

王国の鍵 【発見】

The Keys of the Kingdom (1944) アメリカ
監督:ジョン・M・スタール
出演:グレゴリー・ペック、トーマス・ミッチェル、ヴィンセント・プライス、ローゼ・シュトラドナー、ロディ・マクドウォール

■あらすじ
スコットランドの小さな教区のチゾルム神父のもとに、引退を促す使者として司祭がやってきた。
故郷の教区を離れたくない神父は、残れるよう司教に頼んでほしいと伝えるが望みは薄そうである。その夜、部屋に引き取った司祭は、枕元にあった神父の日記を手に取り・・・。

■雑感
主人公の神父のことを牧師と書いてある映画サイトがあって驚きましたが(出所はひとつなのかも)、カトリックの神父をプロテスタントの牧師というのはまずいのではないでしょうか。
映画の中でも宗派の問題は取り上げられているので無神経だと思いました。

この映画の中のグレゴリー・ペックは綾瀬はるかに似てる!(逆ですけど)
前から指摘されてた?

■編みどころ
終盤、長いこと中国で共に働いてきた修道女のマリア・ベロニカを前に、帰国することになったチゾルム神父がこれまでを回想する場面。

話をしながら5分以上にわたってマリア・ベロニカが編んでいます!
左の薬指に糸をかけるフランス式で、マフラーのようなものを往復編みです。

デミグラブ片方

ちょっと緩いんじゃないかと思いつつ片方編みました。
玉が付いてます。こういうのって、いつも小さくなりすぎるので頑張って膨らませたのに、お手本をよく見るとかなり小ぶりだったという・・・。
だからってもう片方を小さくするわけにもいかないし、ちゃんと見ておけばよかったなぁ。

手のひら側をゴム編みにしたので、かろうじてすっぽ抜けない程度のフィット感にはなりました。全体のゴム編みというより、親指部分の細さで留まってくれてる感じです。

透かし模様もあったりして、防寒よりはおしゃれ向き?

そうこうしているうち、またやってしまいました。
6号針ばかり3本目なのは何故・・・

これは別鎖の作り目を解いてガーター編みをするのですが、その必要があるのか疑問だったので2つめはガーター編みから始めてみました。
比べてみると、ちょっと違うけど気になるほどではないかな。
最初からこうすればよかった・・・。

タネを蒔きなおし

雨風でなぎ倒されてクタクタになりました。
根が浮く感じになるのは、タネを入れる深さが足りないから?

残りは元気よく育ち、肥料を入れたせいか前回よりシッカリしているように見えます。
でもなんだか葉っぱに白い抜けが出来て、今のところ食べたい感じじゃないというか・・・。
裏側を見ても特に何も見当たらない。前回はアブラムシがいたけど今回はいないし、黒い小さい何かがいたけどコイツが犯人にしては弱そうだし?

葉っぱがわしゃわしゃと外側に巻くのも尋常じゃなく、何かがおかしい・・・。
いろんな意味で今の時期は合っていないような気もします。

前回まったく成長しなかったパセリも肥料を入れて再挑戦。
だいぶ育ちが良いけど、問題はここから・・・。
密集しすぎだからちょっと抜いてみるかな。

追憶の時の扉 【発見】

ダイアナ・ガバルドン著
A Trail of Fire (2012) 加藤洋子 訳

アウトランダーシリーズの外伝です。
本編の続きを首を長くして待っているところに、以前から存在は聞いていた外伝が4篇読めるなんて嬉しい限り。

でもこれがまた謎めいた話があってたまりません。
最後のあれ、いったいどうなってるの? ちゃんと説明つけて欲しい!
・・・と、ますます欲求不満になっています。
本編の関係個所も読み直してみたくなるし。


編み物は、発見!というほど登場しないのですが・・・

本編の主人公からすると甥と義理の娘にあたる2人が、訳あってフランスに向かいます。
その船上に編み物するマダムがいました。

また、娘がとある人物に馬車で連れ去られるという難儀に会う場面で
そのとき、彼の視線が彼女の上に戻ってきて、座席に釘付けにした。編み針を胸に突き立てられたような気がした。
ううっ・・・動けません!

欲望のバージニア 【発見】

Lawless (2012) アメリカ
監督:ジョン・ヒルコート
出演:シャイア・ラブーフ、トム・ハーディ、ジェイソン・クラーク、ガイ・ピアース、ジェシカ・チャステイン、ミア・ワシコウスカ

■あらすじ
禁酒法時代のアメリカ、酒の密造で稼ぐ兄弟と新任の悪徳取締官の対決。

■雑感/編みどころ
編みシーンというには微妙です。

兄弟と同居しているらしきウィニーおばさん。
日がな一日窓際に座り、編み棒を動かしています。
(動かしているだけで編めているようには見えない!?)

もう少し前ならせっせと編んでいただろうに・・・ってことで。

また手首もの

この本からベストを編もうと思いつき、深く考えずに毛糸を用意してからじっくり編み図を見てみたら、意外と大変そうだったので目をそらして他のことをしていました。
そろそろどうかなと本を見るうち表紙のデミグラブに目が行き、また寄り道しています。

これがなかなかすんなり行かず、編み始めがいまいちで何度かやり直し・・・ある程度進んでみると、お手本のサイズより小さいにもかかわらず、かなり緩いんです。
あまりフィット感がない設計なのかも?

手のひら側がメリヤス編みなのをゴム編みに変えて編むことにしました。
この色だし(残念なことになったマフラーの残り糸)、エレガントじゃないのは納得ずくで・・・。

タイトルも大事

Paula Abdul – Cold Hearted (1989)

ちょっと違うパターン。
たまたまこれを聴いていたら、ふと「ある曲に似てる!」と思ってそれが完璧に出てきたのに、肝心のタイトルや歌い手が浮かばなくて困りました。


歌詞はサビのところがうろ覚え。
3単語だとはわかっているんだけど、何だっけ・・・”too XXXX hot” みたいな?

Stacey Q – Two of Hearts (1986)

ず~~っとモヤモヤしてて、やっとわかってみると単語が違いすぎ。
メロディばかりじゃなくてタイトルくらいは覚えておかないと探すのも一苦労です。

このイントロはちょっと嫌。

で、この2曲がそんなに似てたのかというと・・・あれ?何でそう思ったんだろう。
ダンスからの連想でないことは確か。

どちらもボーカルが抑えた感じだから?
タイトルの語句の後の音の下がり具合?←たぶんこれ。
あと・・・Heart が付いてる! (思い出せなかったのに)
もう、気のせいってことで・・・。

落ちたツバメ

去年も壊れて再生されたツバメの巣ですが、今年も修理され使われていました。
ヒナが5羽も育ってゆくうちに、なんだか巣が揺れているような気もしていたら・・・
やっぱりまた落ちました!

今回は私が発見、ヒナたちは床の上にうずくまってピクリともしません。(7/3)
弱っているのかと思ったけど、しがみつく足は力強くて案外元気そう。
親がいないときは大人しくしているようにできているのかも?

まだ飛べるようには見えません。もう少し育ててもらわないと。
世話をしてくれている近所の人に急を告げ、元の巣の場所に段ボールの小箱をガムテープで貼ってヒナを入れましたが、これは一晩持たなかったらしい。

翌日は去年から置いてあった弁当箱?に移されていました。
親ツバメも2羽でエサを運んでいるようで一安心。
最後に確認したヒナたち・・・(7/7)

7/8の夜にはもぬけの殻でした。
少なくとも3羽は巣立ちできたと思います。
古い巣の残骸を何とかしないと、また同じことが繰り返されそう。

ショウ・ボート 【発見】

Show Boat (1936) アメリカ
監督:ジェームズ・ホエール
出演:アイリーン・ダン、アラン・ジョーンズ、ヘレン・モーガン、ポール・ロブソン、ヘレン・ウェストリー

■あらすじ
ショウボートはミシシッピ川を巡航し、町々で大歓迎を受けミュージカルを興行する。
あるとき、主演女優と主演男優が去るというアクシデントが起きた。
船長夫婦の娘マグノリアは、行きずりの賭博師ゲイロードと歌い交わし恋が芽生えている。この二人が主演の穴を埋め恋人同士の役を演じるうち、現実での思いも募り、ついに母の反対を押し切って結婚、船を降りて生活を始めた。
幸せな日々は長く続かず、やがて金が底をつき・・・。

■雑感/編みどころ
マグノリアには娘が生まれて学校に上がる年になります。
船長夫婦が船上で、マグノリアからの手紙を読んでいるところ。

母親が小物を2本針で、イギリス式のような手つきで編んでいます。
彼女の襟や袖に白いレースのようなものが見えるのが気になり、もしやこれも手編み?と思いましたが・・・どうでしょうね。

その後年月が経ち、マグノリアは歌手として成功を収め、成長した娘も歌のレッスンをしています。
同居しているらしき母親が暖炉の前に座り、また編んでいました。


Show Boat (1951) アメリカ
監督:ジョージ・シドニー
出演:キャスリン・グレイソン、エヴァ・ガードナー、ハワード・キール、ジョー・E・ブラウン、アグネス・ムーアヘッド

■あらすじ
1936年版とほとんど同じですが、旦那の出戻りの状況が若干違うのと、エヴァ・ガードナー演じる歌手の存在感が大きくなっています。
同じくハッピーエンドですが、こちらのほうがより強調されています。

■雑感/編みどころ
マグノリアとゲイロードは芝居の稽古をしますが、恋人同士の役なのだから接近するのも当たり前。その様子に気が気でない母親は、もっと離れるよう監督します。

このときに母親が編み物を手にしていました。
どんなものを編んでいるのかわかりませんが、イギリス式に近い感じです。


どちらも未見でしたが、とらのママさんに編みシーンありと教えていただきました!
それは1951年版だったのに、間違えて1936年版を見てしまい・・・おかげでもうひとつ発見と見比べができた次第です。

デイヴィッド・コパフィールド終わり

チャールズ・ディケンズ著
David Copperfield (1850) 石塚裕子 訳(岩波文庫)

読み終えました。
5巻めには「編み物」という言葉は出てきましたが、編みシーンはありません。

大団円になるとわかっているのに、終盤はやきもきさせられることばかり。
映画には描かれていなかったこともたくさんありました。
主要な登場人物の後日談があったのもよかった。
今後もまだ見ていない映像化作品をチェックしていきたいと思います。