太陽がいっぱい 【発見】

パトリシア・ハイスミス著
The Talented Mr. Ripley (1955) 佐宗鈴夫 訳

■あらすじ
貧乏青年トム・リプリーは、富豪のグリーンリーフ氏から、イタリアに滞在中の息子ディッキーをアメリカに連れ戻すよう頼まれた。ディッキーには帰国の意思はないが、トムは取り入ることに成功、彼の家に居候して一緒に遊び回ったり、しばらくは親しい友人のような生活が続く。
やがてディッキーの女友達マージの影響もあって関係が悪化すると、任務が失敗したトムは留まる理由がなくなった。しかしディッキーに執着するトムは・・・。

■雑感/編みどころ
あの有名な映画に編み物は登場しません。
それを読んでみるきっかけになったのは、映画『リプリーズ・ゲーム』(2002)でした。

映画『太陽がいっぱい』では主人公の犯罪は暴露されて終わりますが、小説は主人公のその後が描かれた作品が4つあり、シリーズになっています。
その中の『アメリカの友人』は、ヴィム・ヴェンダース監督の映画化が気に入っていたので、再映画化の『リプリーズ・ゲーム』にはあまり興味はありませんでした。
でもまあ、リリアーナ・カヴァーニ監督だから観ておこうかという程度で見始めたら・・・

・映画『リプリーズ・ゲーム』の発見

パーティの席で、額縁職人の妻サラとリプリーとの会話
ハープシコード奏者であるリプリーの妻が、演奏のため来られないと聞いて
私も楽器を弾くとか 創造力があればね

そのセーターは?

私が・・・

では 君はとても・・・ 創造力が
サラは幾何学模様のパッチワークのような半袖セーターを着ています。
(海外の編み物本で、日本風編み物として紹介されそうなタイプ)
その後、食い入るように見ていましたが編みシーンなどは無し。

だがちょっと待てよ・・・パトリシア・ハイスミスと言えば『ふくろうの叫び』が小説にも映画化(1987)にも編み物が登場していて・・・ってことは映画と異なることで知られる小説『太陽がいっぱい』にも可能性が・・・ということで読んでみて発見しました!

・小説『太陽がいっぱい』の発見

トムはマージに好意を持っておらず嫌悪感さえ抱いています。
だから「マージは編み物をしていた」程度で詳しい表現ではありませんが、ディッキーに3ヶ月くらいかけて編んでいたセーターのことも登場します。

それならとマット・デイモン版の映画をチェックしたけど発見できず。
こちらはリプリー像が比較的原作に近いのですが、小説のようにトムがサインや口真似だけでなく外見までディッキーに似せることができる(トムの自己同一性の危うさ?)という設定ではありませんでした。そのほかはトムの嗜好が露骨過ぎる、マージが好人物に描かれている、というのも違うところ。そして、ラストのピーターが気の毒なのも・・・あれ~?
原作を読んでからだったので、違う部分が意外と面白かったけれど。

そもそも『アメリカの友人』を見た頃は原作のことは知らなかったし、映画化だけでは『太陽がいっぱい』と『アメリカの友人』が関係あるとは気づかずにいました。
今更ながら要チェックです!


・・・散漫になってしまいました。
整理すると

小説『太陽がいっぱい』の映画化はアラン・ドロン主演の『太陽がいっぱい』(1960)
再映画化はマット・デイモン主演の『リプリー』(1999)

小説『アメリカの友人』の映画化はデニス・ホッパー主演の『アメリカの友人』(1977)
再映画化はジョン・マルコヴィッチ主演の『リプリーズ・ゲーム』(2002)
(主演=リプリー役ということで)

映画『太陽がいっぱい』見る→編み物なし
映画『アメリカの友人』見る→編み物なし
映画『ふくろうの叫び』見る→編み物発見!
(このあたりまでは当初編み物は意識せず)

小説『ふくろうの叫び』読む→編み物発見!
映画『リプリーズ・ゲーム』見る→編み物の話発見!
小説『太陽がいっぱい』読む→編み物発見!
映画『リプリー』見る→編み物なし

こんな感じです。
小説『アメリカの友人』に早速取り掛かりたいけど、その前の話があるのでシリーズを順番に読んでいこうと思います。映画化もまだ見ていないものがあるし、シリーズ以外の作品も・・・。

関連記事:
リプリー終わり
リプリーシリーズ3作目
贋作 【発見】

台詞に登場 #10 【発見】

コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト (2006)

ウェディング誌の出版社が「ユニークな結婚式コンテスト」を開催する。
ミュージカル婚、テニス婚、ナチュラリスト婚で応募してきた3組で争うことになり、ウエディング・プランナーのヘロン&ハフが式の計画を立てる。

マイケルとジョアンナというナチュラリストのカップルは、普段は裸で生活しています。
公の場に出る際には仕方なく服を着ていますが、
ヘロン&ハフが初めて彼らに会った時の感想
自分で編んだ物しか着ない
という女性も難しいね

そう 体臭もするのよ
それはともかく、編んだ物しかと言いつつ、その後は普通の服なので何なんだか。

コンテストに出ることになって、3組それぞれに準備が順調に行かず、ヘロン&ハフも含めカップル内や家族で揉めたりするのが見所でしょうか。モキュメンタリー的で、仰天! っていうような展開はなく、さもありそうな感じに着地します。


マリー・アントワネットに別れをつげて (2012)

王妃の朗読係の娘の視点で描く、王妃への慕情と別離。

革命が始まると、王妃はメス(フランス北東部の都市)への逃亡を考えます。
持って行く物を側近に伝える場面での台詞
編み物用の道具一式と
糸車も
王妃の編み物道具一式・・・見てみたい!
マリー・アントワネットが編み物をしているの図は探せませんでしたが、姉のマリア・クリスティーナと糸車の肖像画がありました。えらくコンパクトなものですね・・・レース糸用? 毛の部分も微妙に気になります。王妃の糸車もこんな感じだったのかな?

王妃つながり・・・ではないけどヴィクトリア女王と紡ぎ車の写真を見かけます。
こちらも映画化されたものに登場していそうなのですが、未チェックです。

ヨーロッパ一九五一年 【発見】

Europa ’51 (1952) イタリア
監督:ロベルト・ロッセリーニ
出演:イングリッド・バーグマン、アレクサンダー・ノックス、エットーレ・ジャンニーニ、ジュリエッタ・マシーナ

■あらすじ
イレーネとジョルジュは、息子ミシェルとローマで暮らしている。
夫はアメリカの高級ブランドの代表で、妻も社交の場で忙しい毎日を送っていた。繊細に育った息子は、母親と会話する時間もない中、孤独に耐えかねて命を落としてしまう。
この出来事に打ちひしがれたイレーネは、これまでの自己中心的な生活が息子を死に追いやったと反省し、新聞社で働く左派のアンドレアとともに貧民屈に通い、弱者への援助に身を投じる・・・。

■雑感/編みどころ
イレーネは息子の事件をきっかけに新しい考えを持つようになるのですが、それを周囲が奇行としか見ない恐ろしさがよく描かれています。

アメリカから駆けつけたイレーネの母親が、かぎ針編みをします!
イレーネに「編物を」と言って編みかけのものを取らせる場面もあり。

もう少し

前立ての拾い目をする段階になって止まっていました。
ちょっと間違いがあって拾い直し、半分くらい編んだところ。

全体像がどんな感じなのか、特に興味もわかない心配してないので(?)進めます。
最初4号針できつめに編んでいたら、押したり引いたりしているうち輪針のネジが緩んできて外れそうになってました。途中部分で針が分割して解けちゃったら困るので、拾い直す際に3号針にして、ほどほど加減で編んでいます。

ピーターラビット 【発見】

ビアトリクス・ポター著
Peter Rabbit (1902-)
ピーターラビットのことはキャラクターとしてしか知りませんでした。
「ピーターラビットの絵本シリーズ」というタイトルで何冊も出ているものだから、全部ピーターラビットが登場していて、長い話だとか、いくつもの話があるのだと思っていましたが、予想に反して他の生き物たちが主役の話が多いのでした。

『ペンジャミンバニーのおはなし』(絵本版 いしいももこ 訳)
『ピーターラビットのおはなし』の続きで、マグレガーさんのところで失くしたピーターの上着を取り返したりするお話。ベンジャミンはピーターのいとこで、ピーターのおかあさんはベンジャミンのおばさんにあたります。ピーターに妹?が3匹いるので、ベンジャミンにはいとこがたくさんいます。

ピーターのおかあさんが棒針編みをしていて、毛糸玉が転がっている挿絵があります。
うさぎの毛の手ぶくろやそで口かざりをあんで、くらしをたてていました。
と、雑貨屋さんをやっているような説明があります。

これは『ばにばにベンジャミンのはなし』というタイトルで青空文庫でも読めます!
ビアトリクス・ポターの他の作品は 作家別作品リスト:No.1505 から。

ピーターラビットとベンジャミンバニーのおはなし(1992年のアニメ版)
上記の映像化作品です。↑DVDはこの挿絵が表紙になっています。
ピーターのおかあさんが娘たちと一緒に売り物の手ぶくろ(ミトン)をテーブルに並べている場面があり、下に毛糸玉が落ちています。


他の絵本では
『ひげのサムエルのおはなし』に猫のタビタおくさんと編み物の挿絵、
『アプリイ・ダプリイのわらべうた』には、靴の中に住んでいたはつかねずみのおばあさんが棒針編みをしている挿絵、
『こぶたのロビンソンのおはなし』には、どこになにがあるやらわからない、ごったがえした羊の毛糸屋さんなどが登場しました。

アニメ版の他のお話やバレエ映画『ピーターラビットと仲間たち』(1971)(原題は “Tales of Beatrix Potter”、うさぎたちは脇役)に編み物は登場しませんでした。


遅ればせながらピーターラビットを知るきっかけになったのは、映画『ロレンツォのオイル/命の詩』(1992)でした。終盤、ロレンツォに母親が本を読み聞かせていて、それが
ウサギ夫人は未亡人で
ウサギの毛で手袋を編んで
暮らしを立てていたのです
というもので、「なんだそれは!」と調べてみるとピーターラビットだったというわけです。
まだまだ知らない事ばかりで・・・。
この映画はニットの登場も多めでした。

私が棄てた女 【発見】

1969年 日活
監督:浦山桐郎
出演:河原崎長一郎、浅丘ルリ子、小林トシエ、江守徹、加藤武
原作:遠藤周作『わたしが・棄てた・女』

■あらすじ
貧乏学生の吉岡は、田舎から出てきて工場で働いているミツと、欲望を満たすためだけに関係した。ミツは吉岡に棄てられ体調を崩し、借金もできて絶望の毎日を送っている。
一方、吉岡は就職した会社の社長の姪と結婚して順風満帆に見えたが・・・。

■雑感/編みどころ
ミツは寝起きしている飲食店の2階で、濃い色の毛糸で棒針編みしていました。
工場で同僚だった女が訪ねてきて編み物の上に座り「イテッ! 何だいこりゃ?」となります。「吉岡さんに会ったらやるか?」(あげるのか?)などと見込みがないと知りながらも図星のようなことを言って嘲弄します。

映画を観てから原作を読んで、内容がかなり違うので驚きました。
原作にない下世話な事柄が盛り沢山に詰め込まれているし、特にミツの最期については、作者の立場からあれでいいのだろうかと。
でも作者が出演もしていることから、不本意な脚色ではないのでしょう。そのまま映像化したからといって小説と同じになるわけではないから、映画なりの表現に任せたのでしょうか?

時間が経ってみると、この映画化も悪くないように思えます。吉岡、ミツ、マリ子(吉岡の妻)という3人の思いがそれぞれあって(原作にはほとんど名前くらいしか出てこないマリ子の存在が大きくなっているのは、浅丘ルリ子を主役級にせねばという理由があったのかどうかは存じません)結果として心に訴えるものになっています。
何と言っても小林トシエが演じるミツの完成度が高くて、他の人物も存在感があるし、当時の風俗の描き方も良い意味で時代を感じられますが、映像面ではやや疑問あり。

熊井啓監督の映画化『愛する』(1997)は、設定には原作に忠実な部分があるものの、上辺だけで真に迫っていないように思います。

Wikiにフランス映画『天使の肌』(2002)が「原作の翻案ではないかと言われている」とありました。なるほど・・・言われてみれば共通点があり、たしかにそう思えなくもないですね。この映画はニットが多めだったので記憶にありました。

原作小説、『愛する』ともに編み物は登場しませんでした。

バッド・エデュケーション 【発見】

La mala educación (2004) スペイン
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルティネス、ルイス・オマール、ダニエル・ヒメネス・カチョ、ハビエル・カマラ

■あらすじ
若手映画監督エンリケのオフィスに、少年時代の親友イグナシオが訪ねて来た。彼は名前をアンヘルに変えたと言い、自分たちの体験を基にしたフィクションだという脚本を渡す。
脚本を読んだエンリケは引き込まれ、映画化を希望するが、主演をしたいアンヘルと意見が食い違う。エンリケは当初から、自分が知っていたイグナシオがアンヘルと同一人物とは思えず、違和感を覚えていた。彼の実家に行ってみると・・・。

■雑感/編みどころ
またアルモドバル監督作で発見!
編み物をしている人(年配の女性が多い)が登場する作品がいくつもあるということは、実際に身近な人が編んでいたのでは?と想像します。聞いてみたいですね。

イグナシオの母の義姉だというおばさんが、電話の向こうで棒針編みをしていました。
青い細めの糸で、右手に糸をかけてイギリス式に近い編み方です。

アラン模様?バッグ 【発見】

電車の中で前にいた人のバッグに目が釘付け!
不審者一歩手前でなんとかタグを見ることができました。

私が知らなかっただけで、たぶん有名なんだと思います。
ROOTOTE(ルートート)というブランドのフェザールーっていう羽毛が入ったシリーズでした。
オレンジがかった赤い縄編み模様のプリント地です。
2013 A/W Collection ROOTOTE/フェザールー デリ SN Pattern-A (Alan)

以前は別のサイズで違うアラン模様(白)もあったようです。
今後も出るかもしれませんね~。

でもアラン模様のことだったら Aran にしてほしいな。
間違いでしょうか? 別の意味があるの?
白い柄のものは Aran でしたけどね・・・。

その後:
かぎ針編みのモチーフつなぎ柄もありました。
2012 F/W Collection ROOTOTE/フェザールー デリ SN-N (Knitting)
Knitting 違うし・・・と、またしてもツッコミどころが。

台詞に登場 #9 【発見】

異国の出来事 (1948)

第二次世界大戦後、ベルリンに駐留している米軍のモラルを調査するため、本国から国会議員たちが派遣されてきた。コチコチの女性議員フィービーは、こと細かく風紀の乱れを指摘する。かつてナチスの庇護を受けていた歌手エリカが米軍の将校と交際しているとにらみ、探索に乗り出すが・・・。

エリカのアパートの下で張り込むフィービーと大尉のジョン。
が、誰も来る気配が無い。

「今夜はもう来ないでしょう」と言うジョンに
「待ってるわ まだ明りが」とフィービー
早く切り上げたいジョンの台詞
編み物か漬け物をつけてるかも
何それ~!
編み物は knitting でそのままだけど、漬け物は pickled peaches と言っていて、これを聞いてフィービーがホームシックになるほど、アメリカではポピュラーな桃の甘酢漬けのことらしいです。
ちょっと食べてみたい・・・。

さて、彼氏が来ないのも道理で、エリカの相手は大尉なのでした。


ママの想い出 (1948)

1910年、サンフランシスコに住むノルウェーからの移民一家。アメリカ生まれの4人の子供を抱え、生活は楽ではないが、ママのやりくりでいつもうまくいくのであった。しっかり者だけど少女のようなところもあるママの想い出を、長女のキャスリンが綴る。

編みシーンや台詞はないのですが・・・。
元俳優だという老下宿人が朗読をしてくれています。夜に皆でテーブルを囲んで聞いているとき、ママは靴下の繕い物をしているみたいでした。大きな木のサラダボウルのような入れ物に、毛糸がいろいろ載っています。

他にはグラニー・スクエア・ブランケットや椅子カバー、帽子などのニットが登場。
ママのおじさんや姉妹、猫などの微笑ましいエピソードも盛り沢山の映画です。

髪結いの亭主 【発見】

Le mari de la coiffeuse (1990) フランス
監督:パトリス・ルコント
出演:ジャン・ロシュフォール、アンナ・ガリエナ

■あらすじ
12歳の少年アントワーヌは、女性理髪師に調髪してもらうひとときにうっとりし、将来は「女の床屋さんと結婚する」と心に決める。やがて中年になった頃、若く美しい理髪師マチルドと結婚し、夢のように幸せな10年が過ぎた・・・。

■雑感/編みどころ
少年時代をノルマンディーの海岸で過ごしたアントワーヌは、兄とともに母のお手製の毛糸のパンツをはいて砂浜で遊び興じていました。ほかの子供たちはそんなパンツをはいておらず、苦い思い出として残っていたようです。
色は赤で、白と緑の縁取りがあり、腰にサクランボをかたどった飾りがついていますが・・・見た目の問題ではなく、乾かないので「1日中濡れっぱなし」「1週間も使っていると股がひりひりする」のが悩み。「この水着を編み 4年も はかせた母を大いに恨んでいる」という一方で、股間への興味やいたわりを覚えたとのこと。

この毛糸のパンツを兄が保管していて、アントワーヌとマチルドが結婚したときにお祝いとして持ってきます! 当時は大きかったけど今ならピッタリ?ってサイズ。「今夜 はけ」なんて言われます。古いわりには保存状態良し。

また、マチルドに理髪店を譲った男性は、引退して施設に入居しています。
そこへ2人が面会に行った際、庭のベンチに編み物を手にしている人がいました。

編みシーンはないけど毛糸の海水パンツは大収穫!

慣れてきた

予定の1/3くらいの長さです。
ようやく間違えずに編めるようになりました。
前回9号針で編んでみてボリューム不足の感じだったので11号針にしましたが、あまり変化ありません。幅もほとんど太くならず・・・でも交差の無い部分は少しふっくらしたかも。

目が伸びる原因は、目が大きい(針が太い)からかな・・・。

交差をするところはもうきちきちなので、編み方では改善できなさそう。
あちこち引っ張ったりしてごまかしています。

オリンピックで 【発見】

ソチ冬季五輪スノーボードの男子スロープスタイルという種目で、フィンランドの選手が滑る時に隣で編み物をしている人(男性らしい)がいたとの情報が!
ガーター編みでしょうか。左手に糸をかけているように見えます。
私は見ていませんでしたが・・・動いているところを見てみたい!
また放送するかな??
その後:
再放送でチェックしました!
選手が糸を手に持ったり、編んでいる人とグータッチ的なことをしていました・・・何なのか気になる!! この人が勝ち進めばもっと見られたかもしれないのに、惜しいなぁ~。


ソチ関連ではちょっと前になりますが、1/18にBSプレミアムで放送された『ぐるっと黒海4000キロ「アジアと欧州の交差点を行く」(前編)』でブルガリアを訪れた際に、ご婦人方が車座になって針仕事をしていました。昔は革命の歌を歌いながらやっていたものだ・・・という話で、それぞれ刺繍、縫い物、糸紡ぎなど持ち寄っていて、何人かは編んでいる人も!

身頃ができた

脇までは続けて編んでいるから色の出具合が揃っているだけに、脇から上の左右の違いが目立ちますね・・・変なの~。写真を撮るまでこんなだとは気づかなかった!

あとは肩をはいで袖ぐりと前立てなどですが、編みながらゲージが違っていることがわかり段数を適当に減らしたので、拾う目数も適当にしなければならなくなりました。
タヌキ模様みたいだし、どんどんまともじゃなくなってきてる・・・。