パンも熱中症

週に2回ほどホームベーカリーでパンを焼いています。
平日だと朝に材料を入れて、夜帰ってくる時間に合わせてタイマーを仕掛けておきます。
開始まで8時間もほったらかしなので、夏は気温が心配でいつもは実績あるレシピなんだけど・・・。

今回は白神こだま酵母を使い、塩の代わりに塩麹にして和の材料でまとめたつもり。帰ってきて覗いたら羽根つきパンのようになっていて大ショック!
特に暑かったし、発酵しすぎてしぼんだのでしょう。
白神こだまって意外と膨らむのが速いからなー。
しかしここまでとは・・・。

塩麹も今回初めてパンに使ったのだけど、何か相乗効果あったのかも。和風ついでに砂糖を甘酒にしようと思っていたけど、いきなり冒険はやめておいたのです。
使っていたら溢れてたかも。
今までも1cmくらいの羽根ができたり、イーストを入れ忘れて団子になる、材料を間違えて膨らまない・・・などといろいろ失敗していますが、こんなのは珍しいです。

こういうときって水分が抜けていないせいか、小さいくせに妙にズッシリ重いんですよね・・・。
羽根部分はパリパリカリカリで、焼けすぎていて美味しくなかった。
本体部分は予想より気泡があって、そんなに変じゃないけど美味しいってわけではなかった。
しぼみっぱなしではなく、また膨らもうとしているのが逞しいです。
そこだけは見習って、もう少し涼しい日にリトライ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA